私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年05月22日

5月22日(木曜日) ひと年をこの子のすがた絹に成らず画の筆すてて詩にかへし君(みだれ髪)

 おはようございます。

 いい天気です。
 水平方向はなんかグレーに霞んでますが・・・


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

ひと年をこの子のすがた絹に成らず画の筆すてて詩にかへし君

 今、与謝野鉄幹のWikipediaを見てみたけれど、絵の方面での記述は無いな。趣味で絵を描いていたのかな?
 恋人ができたら絵にとどめたい、というのは昔からあったろうと思います。現代だと、それがお手軽に写真になってるかな。絵にしろ写真にしろ詩(歌も)にしろ、恋は創作の原動力ですね。

 しかし・・・与謝野鉄幹のWikipediaを見てたら・・・

1889 徳山女学校の教員となる
1892 女子生徒(浅田信子)に出産させる。(その子はまもなく死亡)
    これが原因で退職(そらそうやろなあ・・・卒業生だったらまだしも・・・)
    まもなく別の女子生徒と同棲。一子、萃(あつむ)を儲けた。

 これは今の日本だと、地域によっては「条例違反」で捕まるんでは??



 kindle(電子書籍)版は無料です。


 

posted by kingstone at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック