私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年05月06日

5月6日(火曜日) 行く春の一絃(ひとを)一柱(ひとぢ)におもひありさいへ火(ほ)かげのわが髪ながき(みだれ髪)

 おはようございます。

 すごくいい天気です。
 でも、きのうの夕方くらいから寒かったよね?

 連休最終日ですね。
 今日は特殊教育学会に出す論文(ちゃうけど)を書かないとな・・・


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

行く春の一絃(ひとを)一柱(ひとぢ)におもひありさいへ火(ほ)かげのわが髪ながき

「行く春」はいろいろな辞書で「晩春」と出てるんだけど・・・「晩春」は

goo辞書
  ・陰暦3月の異称
Wikipedia
  春を3つに分けた最後。
    ・5月ごろ。
    ・旧暦3月。

 ちょうど、今くらいの季節なのか。

「5月頃、琴の一弦、一柱にも思いがある(恋人に思いを込めて演奏したのだから)。そうは言っても灯でできる私の髪の影は長い」

 この頃の灯ってまだランプなんだろうか?この歌に白熱球は合わない気がするけれど。でもワット数が小さければ暗い影ができるか。

電気の歴史(日本の電気事業と社会)

を見ると、1882年(明治15年)に東京・銀座に灯された日本初の電灯(アーク灯)が灯されてますけど、これは特別だろうな。後ろに「第1次世界大戦から太平洋戦争に至るまでのこの時代、軍需景気にわき工場動力の電化が進みます。東京市内の家庭には電灯が完全普及。」とありますから、みだれ髪の1901年頃、堺や京都では、まだまだ普及していなかったと考えていいんだろうな。


 kindle(電子書籍)版は無料です。


 
posted by kingstone at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック