私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年02月15日

愛と青春の旅立ち リチャード・ギア、デブラ・ウィンガー主演


 先日、CDやDVDを売ってる店に行くと、DVD2枚で2000円ってのがあったので

「愛と青春の旅立ち」

を買って来ました。

 若い頃見て、「よしやるぞ」みたいな気持ちにしてもらえた映画です。

 忘れてたところもいろいろありました。

 中盤のザック・メイヨ(リチャード・ギア)「闇商売」が見つかった時、シゴキでやめさせようとしたフォーリー軍曹(ルイス・ゴセット・ジュニア)に「帰るところが無いんだ!」と叫ぶシーン。

 またその時にフォーリーは「徳の無い人間は止めさせる」みたいなことを言ってるんですね。

 でもフォーリーはメイヨの「帰る所が無いんだ!」という言葉で、もう少しやらせてみようと思うわけですが。

 で、フォーリーは容赦なく候補生たちをDOR(希望除隊)させて放り出していくように見えます。

 でも、最終盤、候補生仲間の自殺で「DOR(希望除隊)する」と叫ぶメイヨに対しては、明らかに「止めさせまい」として闘ったのだな、と。

 最後、一度は関係を切ろうとした恋人を迎えに行き、お姫さま抱っこをして連れ出すラストシーンになるわけですが、DVDには「監督の説明」というのがついていて、このラストシーンについて「女性差別だ」という批判もあったそうです。まあ、そら言われるわな・・・でも監督は「これはおとぎ話なんです」と語ってます。そう「おとぎ話」「夢物語」もちろん別の物語もあっていいんだけど、こういう物語もあってもいいんじゃなかろうか・・・

特別支援教育担当教師が学ぶもの(あるいは「愛と青春の旅だち」)
ラベル:映画 DVD
posted by kingstone at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック