私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年12月21日

12月21日(土曜日) 鶯に朝寒からぬ京の山おち椿ふむ人むつまじき

 おはようございます。

 曇りです。
 昨日は豊岡あたりでは暴風雪波浪警報とか出てました。
 私のあたりは雨とかは大丈夫だったと思うけど。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

蓮の花船

鶯に朝寒からぬ京の山おち椿ふむ人むつまじき

 Wikipediaでウグイスを見ると

平地にて鳴き始める季節が早春であることから春告鳥ハルツゲドリの別名がある。本州中部あたりでは 2月初旬頃からさえずり始め、 8月下旬頃までがよく聞かれる時期だが、10月頃まで弱いさえずりが聞かれることがある。

 またツバキを見ると

ツバキの花は花弁が個々に散るのではなく、多くは花弁が基部でつながっていて萼を残して丸ごと落ちる。それが首が落ちる様子を連想させるために入院している人間などのお見舞いに持っていくことはタブーとされている。この様は古来より落椿とも表現され、俳句においては春の季語である。

 ってことは4月頃、カップルが歩いているのを見ている、という情景なんだろうか?それともそのカップルは晶子と鉄幹なんだろうか?



 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です。

posted by kingstone at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック