私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年06月08日

6月8日(土曜日) 知性・エネルギー、そして誠実さ。

 おはようございます。

 いい天気です。


ーウォーレン・バフェット 成功の名語録 桑原晃弥著よりー

「知性・エネルギー、そして誠実さ。最後が欠けていると、前の2つはまったく意味のないものになる」

 言いたいことはだいたいわかる。でも私の場合だと、最後の「誠実さ」は「倫理観」と言ってもいいかと思うんだけど、、「知性」といえばその中に「誠実さ」や「倫理観」は含まれるように考えてしまうのだけど・・・

 
posted by kingstone at 07:26| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナチス・ドイツ時代のジョークでこういうのがあります。

知性があってナチ的だと誠実ではない。
誠実でナチ的だと知性はない。
知性があって誠実だとナチ的ではない。

欧米の感覚では知性と誠実は別物なのでしょう。
Posted by もずらいと at 2013年06月09日 04:29
もずらいとさん、どうもです。

う〜〜ん、誠実さというのは「箇条書きにされた指示」をひとつひとつこなしていく能力であり、倫理観とか自分で判断して決めていくことなんかは誠実さの中に含まれない、みたいなことなんですかね。
Posted by kingstone at 2013年06月09日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック