私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年05月18日

5月18日(土曜日) 「無職になってしまったな」と突然思った

 おはようございます。

 いい天気です。



ーー「サバイバル登山家」 服部文祥著 よりーー

「無職になってしまったな」と突然思った海には同じテンポで波が立ち、踊るように揺れている。
 このさき僕はどうなるのだろう。昨日までは山行全体を意識しながら、目の前のすべきことを淡々とこなしていればよかった。いま、やるべきことがいよいよなくなって、ようやく僕は無職であるいうことを強く意識した。
(中略)
 襟裳岬に背を向けた瞬間につぎの人生が始まった気がした。明確な終わりのある山行が気持ちよくて、海を少し見ていた。


                 「襟裳岬へ」
                 日高全山ソロサバイバル
                 日勝峠〜襟裳岬 20030802〜20030826

「無職」は「それは、解雇ということですか」のあたりの事情ですね。

 で私は「無職」になった最初はなんか「ものすごく恥ずかしい」みたいな感情がありました。まあこれは「うつ」による心持ちのせいも大きいのかもしれません。時間が経ってからは「無職です」を割と平気で言えるようになりましたが。一度、家電量販店でかなり強引にカードを作らされ、私は作りたくもなかったのに書類を書いたら審査で落とされ、次に行った時にまた強引に勧められそうになり、「こないだ落ちたんです。無職ですから」と言ったら「ああ、無職なら仕方ないですね」と言われたな・・・最初から勧めるなよ・・・


posted by kingstone at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック