私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年05月14日

プログラムなど「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」



 2013年4月(刑務所内で書かれたものがほとんど。出版は出所してすぐ)

 おもしろい。

 プログラムなどに関すること。


○プログラム初心者からお勧め言語を尋ねられて

 今ならJavaScriptが手軽。ライブラリも充実しててスマホでも動くし。

 へえ。そうなんか。


○C言語のこれからの需要を問われて

 CPUもメモリもジャブジャブの今のPC環境で、Cなんて難易度のわりに得るものは少ない。もっと楽なJavaやPerl、Ruby、PHPでいいよ。mallocとかでメモリ管理なんて前時代の遺物だよ。

 まあ、どの言語でもとにかく1つは使いこなせることが大事なんだろうな。


○現役大学生が卒業後すぐに起業するために学ぶといい言語を尋ねて

 やりたい言語をやれば(笑)って、そうやって肩肘はってやろうとしても失速するので、なにかサービスを作りながら必要な知識を覚えればイイです。ちなみに私の場合はPerlでした。

 これ質問の中に「やりたい言語をやれば」はなしで、って書いてあったから回答に(笑)がついてるのね。


○iPhoneのアプリを作ってみようと思うがどんなのから?と問われて

 自分が欲しいと思うアプリを作ればいいですよ。

 これ仕事でも何でも一緒やねんなあ。でもって私も「Xcodeでアプリを作る 1」で書いてる「じゃんけんアプリ」を作りたいなあ・・・


○どんなウェブサービスを作ればいいか問われて

 自分が今、「何でこんなサービスがないんだろう?」って不満に思うことを解消するサービスを作ればいいんだよ。

 ひとつ前の回答と同じやな。


○最新ビジネス情報を仕入れるために使っている情報源

 Wired、Engadget、Gizmodo。

 やっぱ英語版なんかな。


○フリーランスのエンジニアさんが、適正価格を質問して

 私はそういう風にSEとかPGみたいに分けて考えたこともないですし、人月計算もしたことがないので分かりません。そもそも、なんでSEとPGを分けるか意味がわかりません。自分で設計して自分でコードを書くのが、私や私の会社では普通でしたから。そもそもシステム制作だけを人月で請け負うというのは、価格のたたきあいになるので、これからはますます不利になるでしょう。
 もっと業務のコンサルティングなども含めた高いレイヤーの仕事をしていかないと未来はないと思います。システム請負の単価を聞いている時点で駄目だと思います。


 この「○○ということを聞いている時点で駄目」ってのはよくある。


○ネットワークインテグレーターの成長性を問われて

 Googleなどのサービスを使えば、わざわざシステム外注してカスタマイズして・・・なんて、もう時代遅れになりつつありますよね。個人のプログラマのほうがスキルは高いですしね。だんだん廃れていくでしょう。

 確かに、いろいろできるみたいやなあ。


○技術に疎いIT企業の経営者が技術部分をどう把握しているか聞かれて

 うーん、大抵はぼったくられていますね(笑)。サイバーエージェントの藤田晋さんは私のようなぽったくらない技術者に会えて幸運だったと思いますよ(笑)。
 でも、藤田さんは私たちの会社ばかりに依存するのはまずいと考え、技術会社を買収したりとかいろいろと試行錯誤していたみたいですが、結局、自社で技術者を養成するしかないと考え、数年かけてやっと体制が固まってきた様子です。失敗を重ねて経験を積み上げていくしかないようです。
 逆に技術のことがわかっていれば失敗しなくて時間もかかりません。それだけの話です。


 何が適正価格かはよくわからんな。ってか商売人が場合によってふっかけるのはありだと思ってるけど。それが「ぼったくり」ではない場合もよくあると思う。


○被災時の通信インフラについて問われて

 無線ブロードバンドへの無線帯域割当の強化、基地局設備の磁化発電力向上、成層圏プラットフォームの実現などでしょうか。飛行船を何機か被災地に飛ばして無線ブロードバンドを展開するというのもありだと思います。

 この「飛行船」というのは、すぐにできそう。

posted by kingstone at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック