私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年04月05日

メイドインジャパン 驕りの代償 井上久男著



 ほほお、著者は神戸在住か。

第一章 パナソニック・ショック
第二章 存亡の危機シャープ
第三章 日産自動車再生の教訓
第四章 ソニー、パナソニック、シャープ新社長の実力
第五章 エンジニア流出
第六章 トヨタの栄枯盛衰
第七章 日本企業の課題ー失われた20年を取り戻せるか

ってことなんですが、う〜〜ん、基本的に「現在うまくいってる会社の社長はほめる」「現在うまくいっていない会社は社長をけなす」ってことなわけで、まあそりゃそうだろうけど・・・う〜〜ん・・・

 まあ私もウォーレン・バフェットの言葉を延々紹介してるってのは、「うまくいってる社長の言葉から学べることは何かなあ」と面白がりながらさぐってるわけだけど、う〜〜ん・・・

 まあでも参考になることはある。

一橋大イノベーション研究センター延岡健太郎著「価値づくり経営の論理」から
「機能的価値」とユーザー主幹によって決まる「意味的価値」
で、この機能ってのはスペックであったり、壊れない、であったりで、「意味的価値」は消費者の思いだとかになるから、まあ要するに「物語」みたいなもんか。著者はBMWを上げてるけど、私なんかだとMacにそれを見てたりもする。確か今ローマ字でも「UE(User Experience)」とかいう言葉も言われてるよね。

 あと「おめめどうグッズ」にも「機能的価値」(ただし、それはコピーされもしやすいし、「こんなんなくてもできるわ」と思われがちであったりもする)とともに、「意味的価値」ってか、「物語」は詰まってるけどね。

 三洋電機のリチウムイオン電池開発のキーマン、雨堤徹氏はパナソニックの子会社化が決まった2010年に依願退職し、コンサルタントとして独立し、2012年に兵庫県洲本市に「Amaz研究所」をオープンさせた。
 
「携帯電話用電池の標準になっている四角形の電池のプロジェクトを始める際に、社内に味方がほとんどいませんでした。お客さんは軽くて小さな携帯電話を求めていたわけですから、思い切って軽量のアルミ缶方式に最初に取り組みました。当時の常識では鉄かステンレス鋼を使うところです。われわれが商品化に成功して2年くらい経過しても他社は追随できなかった。でも技術部門のトップは『すばらしい』とは言わず、『よそがやらないのはお前らが間違っているのではないか』」といった言い方をしました。こんな風土の中にいてやっていけるとは思えなかった。『味方せいよ』と心の中で叫びました。三洋が電池でトップを走れたのはこれで稼いだ資金でパソコン向けの円筒型電池などに先行投資できたからです」

 あ〜〜あ、こういうやつ、いるなあ・・・『よそがやらないのはお前らが間違っているのではないか』

日産ゴーン改革
 日産の破綻Xデーがささやかれていた。
 リバイバルプラン。
 40台の課長を中心とした複数の再建チームを社内設置。
 クロス・ファンクショナル・チームの設置。(機能横断チーム)
 大部屋で仕事(蛸壺に入らない)
 決算で大赤字を公表(膿を出し切る)
 改善活動の手法をホワイトカラーの仕事に積極的に採り入れ、「今日中に結論を出す会議」といった具合に会議の運営手法まで改革した。本社機能は少数精鋭ながら司令塔機能はあり、かつ現場の力を生かす。
 日産も過去、社員が天下った(公務員じゃないけど)下請けから高い部品を購入していたのをばっさり切った。で、コストカットして下請けを絞り上げるイメージがあるが、現在は本社から取引先に入り込み、一緒に価格低減に努力する形にしていっている。そのため部品メーカーの利益率が上がり始めた。(共存共栄ってことか)
 ゴーン氏の言葉
 「優れた経営とは、複雑なことをシンプルにしていくことだ」


シャープ
 1年から1年半で戦略商品を開発し、素早く市場投入するための機能横断チームを設置する「緊急プロジェクト制度」がある。過去には面白いものを出していた。「液晶ビューカム」や「ザウルス」
(デジタルカメラつき携帯電話を最初に作ったのはシャープだって)

#SHARP_JP ここにシャープがあるじゃろ?(2013.04.05)

 おお、上のリンクによるとデジタルカメラつき携帯電話は2000年とのことですね。

トヨタ
 看板方式は在庫を持たず、ジャストインタイムでやっていく方式だったが、2002年「グローバルマスタープラン」という「計画」を作り、その「計画」に合わせようとし、修正がきかなくなったのが柔軟に取り組めなくなった原因。(しかし・・・ゴーン氏もリバイバルプランを作ってる・・・同じプランでも何が違うのか・・・ふむ)
 トヨタで過去言われていたこと。「エンジニアは1日に3回手を洗いなさい」(つまり現場に3回は出ろ、ということ)



posted by kingstone at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック