私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年02月02日

SOWERでのスタッフ研修「自立課題学習」

 こないだの木曜日にSOWERで行ったスタッフ研修「自立課題学習とやりとりありの学習」

 報告を、と思ってたけど、今日の姫路の話の準備でてんぱってて、全然アップできませんでした。

 2時間の中で、まず1時間30分私の話、とか言ってたのに1時間45分くらいかかったのじゃなかったか。

 やっぱりそのくらいかかるよな。
 でもって、私の実践だけじゃなく、理事長さんの「たぶん一般の方が見たら自立課題学習とわからないけど、実は自立課題学習」と「やりとりの学習」というののビデオが撮れていたので、それを題材にさせて頂きました。

 なんせ、私の実践ビデオだけだと、「カゴを使うのが自立課題学習」と誤解される危険があるので・・・

 たぶん見た目は私のと理事長さんの、まったく違うように見えるかもだけど、実は一緒。(もちろん子どもも違えば教材も違う)

 残り時間は感想を言って頂いたのですが、
「動画もあってわかりやすく、頭では理解できたけど身体がついていかない・・・」
みたいなご意見が複数ありました。そうやろなあ、と思います。

 先日、バラエティ番組に植野行雄さんてブラジル人と日本人のハーフの方が出ていて、大阪生まれの大阪育ちで、当たり前だけど日本語バリバリ(ってかブラジルポルトガル語とかしゃべれるのかな?)だけど、顔は周囲の方がイラン人とかインド人とかと間違われる方で、エスニック料理屋に入ると店員さんが英語で話しかけてくる、というのをやってました。で、ネタばらししても店員さんが「頭では理解しても身体がついていかない・・・」とおっしゃってました。そんな感じやろなあ・・・

 それからある方が
「(教材というか問題設定が)簡単でもいいんだ、と聞いてほっとしました」
と言っておられたけど、これも嬉しい感想のひとつでした。



posted by kingstone at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック