私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年01月29日

1月29日(火曜日)  即心是仏

 おはようございます。

 いい天気です。ちょっと霞がかかってる気はします。これはなんだろう?


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 大梅和尚(が若い時だろうな)が馬祖和尚(709年 - 788)に問うた。
大梅「仏とは何ですか」
馬祖「即心是仏(心そのものが仏だ。即心即仏ともいう)」

 これは「平常心是れ道」とも同じ。煩悩も含めふだんの心こそがさとりである、ということらしい。のちに大梅和尚が大梅山に住してから、ある僧が尋ねた。

僧 「老師はこんな山中でどんな禅を行じておられますか」
大梅「即心是仏」
僧 「馬大師も昔はそのように言われていましたが、このごろは違います」
大梅「どう言われる」
僧 「もっぱら『非心非仏』と言われます」
大梅「老漢(おやじ)はまだそんなことを言って人をだましておるのか。たとえ馬大師がなんといおうと、私はただ『即心是仏』だ」

 それを伝え聞いて、馬祖は言った。
「梅の実は熟した」

 ええなあ。これは直感的にはよくわかる。老師がどうであろうと自分は自分。

 しかし「即心是仏」は「心は仏である」でよくわかるのだけど、「非心非仏」は「心でないものは、仏ではない」という意味なのかな??「AはBである」はよくわかるけど「AでないものはBでない」は・・・ふむ

「AはBである」は集合としては、AとBが同じか、AがBの中に入ってる。
「AでないものはBでない」は集合としてはAとBが同じか、BがAの中に入ってる。

 そーゆーことか。(ってそう考え出すと「間違い」なんだろうけどね)

posted by kingstone at 10:46| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「非心非仏」は「心でないものは、仏ではない」という意味なのかな?

 「即心是仏」の場合、「是」は「=」や「is」みたいな意味ですから「心によりそうことは仏道である」となりますが、「非心非仏」の場合前後の関係を示す語がないので「心ではない、仏ではない」という否定の並列に過ぎません。否定の仮定条件(「○○にあらずんば○○にあらず」)だと強引に解釈すると「kingstoneさんの訳となりますが、若干無理があります。漢人の感覚として同じ語を使う場合は「並列」です。仮定条件にしたいのなら、同様の違う語を使って、例えば「非心不仏」とでもするはずです。
Posted by もずらいと at 2013年01月29日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック