私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年01月18日

新訂 自閉症の謎を解き明かす ウタ・フリス著




新訂 自閉症の謎を解き明かす  ウタ・フリス著
東京書籍 2003年に新訂版が出て、日本ではいつかな??

 この本、有名だけど、私は読んだことが無かったです。
 今日、SOWERの本棚にあるのを教えてもらって、3章まで読みました。
 読書メモ。


第2章 自閉症の魅惑の世界(いろんな物語についてですね)
  ・眠り姫(白雪姫・眠り姫)  ?イメージ違うけど・・・
  ・アマノジャク  あれ?「瓜子姫とアマノジャク」にオウム返し出てきたっけ?
  ・修道士ジネプロ  「聖フランチェスコの小さき花」13世紀に記された
             この話、めちゃ面白い!!
  ・古ロシアの聖なる愚者
  ・シャーロック・ホームズ
  ・TOMMY  ザ・フーによるロック・オペラの主人公
  ・取り替えられた子ども  「ミッドウィックのカッコーたち」ジョン・ウィンダムのSF
               邦題は「呪われた村」ハヤカワSF文庫
  ・ロボット  いろんな物語が言及されている。スター・トレックのミス・ター・スポックも
  ・イライザ  人工知能。私の若い頃だったら「人工無能」として
         よくあった、プログラム。オウム返し風の返答をし
         てくれるから、カウンセリングみたいな効果があっ
         たやつ。
  冷蔵庫マザーにも言及

第3章 歴史から学ぶ
  ・アヴェロンの野生児 18世紀末 イタール フランス
  ・カスパー・ハウザー(1812?-1833)ドイツ
        結論としては自閉症ではなく剥奪によるものの可能性が高い
  ・ルーマニアのチャウシェスク政権の孤児 擬似自閉症??剥奪例か
  ・ボルグのヒュー・ブレア 1745年からの貴族の財産争い
  ・ジョン・ハワード(監獄改革のパイオニア)
     1777年刊行の著書「イングランドとウェールズの監獄の現状」
              邦訳「18世紀の監獄事情」岩波文庫

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック