私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年01月14日

1月14日(月曜日)  過去心不可得 現在心不可得 未来心不可得

 おはようございます。

 雨ですね。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 金剛経にある言葉らしい

過去心不可得 現在心不可得 未来心不可得
(過去の心はつかめぬ、現在の心はつかめぬ、未来の心はつかめぬ)

 徳山和尚(無関門によくエピソードが出てくる)はもともと金剛経の学僧だった。で南方で「教化別伝」(教典や教理の束縛を受けず、直接体験によって、 心から心に伝えることが大切である、とする教え)の禅というのが流行ってるらしい、ひとつとっちめてやろう、と南へ旅に出た。で、茶店で休み、老婆に点心を請うた。すると老婆が言った。
「聞くところによると「金剛経」には「過去の心はつかめぬ、現在の心はつかめぬ、未来の心はつかめぬ」という句があるそうですが、あなたの言う点心はいったいどの心に点じようとなさるのか」
 徳山和尚は答えられず、これは近くにすぐれた禅匠がいるのでは、と思い、五里ほど離れた龍潭禅院を尋ね、龍潭和尚に出会う話に続いていくわけです。

子親到龍潭(おんみしたしくりゅうたんにいたれり)

5月5日(土・子どもの日)  私はずっと示している

posted by kingstone at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック