私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年12月25日

「個別の支援計画」をスタッフさんに書いて頂く

 Togetterで

「個別の支援計画」をスタッフさんに書いて頂く

をまとめましたが、こちらにも文を貼っておきます。こちらのほうがいろいろ丁寧になります。

 児童デイサービス(発達支援?)をやってるSOWERさんで、スタッフさんに「個別の支援計画」(学校だったら「個別の指導計画」にあたると思う)を書いて頂いた時のこと。

 今日はSOWERさんで20人弱の「個別支援計画」(たぶん学校だと個別の指導計画にあたる)の文言の相談にのりました。1時間でできると思ってたら3時間かかっちゃったが・・・ちょっと目測を誤りました。

 しかしこの「個別支援計画」は相談支援の事業所が生活全般のを作り、そのうちの一部をSOWERの活動に落とし込むもの。書式はA4で1枚。長期目標は2行というか2マス。そして短期目標は1行(1マス)と少し広い「具体的手立て」を書く形式で2項目を書く。

 で、「完成品」を作ろう、としゃかりきになる必要はなく、相談支援事業所・SOWER・親御さん(しかし本人はどうなんだろう??)で改めて相談するためのまあ言えば「たたき台」だし、書いたことをやってみて修正の必要を感じれば、どんどん修正し「書きためて」いけばいいものだし。

 で、この程度だったら、私、関わってる子だったらたぶん5分で1枚は書ける。書いてるスタッフさんに聞いても「関わってる子だったらそう時間はかからない」と言っていました。長くても15分あったら1枚書けるんじゃないか。で、これ1枚書いたらお手当が出るんだけどかなり「おいしい」っす。

 残念ながら具体的金額は「書いちゃダメ」と言われたので書きませんが・・・めちゃモチベーション上がります。

 まあ、でも、私、一切関わったことのない、また見たこともないお子さんについての提言を求められた時は、記録(フォーマルなアセスメントとインフォーマルなアセスメント両方)を調べて、関わったスタッフさんにインタビューして、軽く2〜3時間はかかりました。

 そうなると、ちょっとモチベーションの下がる金額ですが、でも基本は「関わってる」お子さんについて書くもんだしね。

 で、「個別支援計画」をスタッフさんに書いて頂き、その文言修正の相談に私がのる中で、いろんな理解も深めて頂けるしね。一度文章にして頂けるから、こっちもツッコミを入れられるし。またそこに質問もして頂けるし。

 私自身が書くわけではなく、また書いたところで私には余分なお金は入ってこないのですが、私としては、こういう形でお子さんの話をできることそのものがとても楽しいっす。

SOWERのスタッフさん用に出したもの

「アセスメントと「個別の支援計画」について」

IEPとか個別支援計画について

posted by kingstone at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック