私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年12月21日

12月21日(金曜日)  我当時若見 一棒打殺 与狗子令喫却 貴要天下太平

 おはようございます。

 曇りです。もう少し早い時刻はほんとに薄い雲(霞??)が空にかかっていて、お日様がさしてましたが、今はもうさしてないですね。

 
ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 釈尊が産まれた時に、天と地を指さし「天上天下、唯我独尊」と言ったというエピソードに対し、雲門和尚が言った。

我当時若見 一棒打殺 与狗子令喫却 貴要天下太平(我れ当時(そのとき)もし見れば、一棒に打ち殺して、いぬに喫却せしめ、貴(ひたす)ら天下太平ならんことを要(ほっ)せしに。もしその時にそれ見てたら、棒でどつき殺して、犬に食わせて、世の中平和になるように願ったものを)

 ははははは。こーゆーのも好きやな。「仏に会えば仏を殺し」やね。

 こういうのを禅門では「拈弄(ねんろう)」(禅特有の言語の知的スポーツ)というとのこと。


 さあ、明日は「保育・教育セミナー」で「自閉症の特性とコミュニケーション指導」というのを語ります。

posted by kingstone at 09:22| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 例えであっても殺生を例に出すような生臭坊主は信じたくないものですな。
Posted by もずらいと at 2012年12月21日 20:29
もずらいとさん、どうもです。

> 例えであっても殺生を例に出すような生臭坊主は信じたくないものですな。

いやははは・・・(^_^;) 
Posted by kingstone at 2012年12月21日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック