私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年10月23日

10月23日(火曜日)  南泉於地上画一円相

 おはようございます。

 雨と風です。近所に警報でまくってます。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 南泉和尚と帰宗和尚と麻谷師匠という馬祖門下の3人が連れ立って、慧忠国師を訪ねようと、都へ上がる途中。南泉於地上画一円相(南泉が杖で地上にくるりと円相を画いた)そして連れの二人を顧みて言った。
南泉「君たちが何か言い得たら、ただちに行こう」
帰宗「(いきなり円相の中にどっかりと座り込んだ)」
麻谷「(女人拝(胸に手を組んでちょっと腰をかがめて会釈する程度の拝)をした)」
南泉「そんならもう行くのはよそう」
帰宗「何のつもりだ」

 秋月さんいわく、もうそれぞれがめいめい国師に出会えているから、もう行く必要は無い、みたいな話だとか。最後の「何のつもりだ」は全然わからないな・・・


 昔、私が箱庭でいろいろとお子さんと関わった時、あるお子さんが箱庭の中に入り(比喩的にでなく、物理的に)しゃがんで「私、赤ちゃん」と言ったのを思い出しました。私は反応できず「見てるだけ」だったのはちょっと残念でした。
posted by kingstone at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック