私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年09月21日

9月21日(金曜日)  与老僧作箇無縫塔

 おはようございます。

 いい天気。
 涼しくなって来ました。一昨日までパンツ一丁で寝ていましたが、昨夜からパジャマを着ました。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 代宗皇帝が慧忠国師(675年 - 775年、中国の唐代中期の禅僧)に尋ねた。
代宗「老師百年の後(寂後)、何かお望みの物がありますか」
慧忠「与老僧作箇無縫塔(老僧が与(ため)にこの無縫塔を作れ。私のために人工を加えぬ石塔を作っていただきたい)」
代宗「どんな形の塔かお示し下さい」
慧忠「(しばらくそのままでいて)おわかりですか」
代宗「わかりません」
慧忠「私の嗣法の弟子に耽源(生没年不詳)という者がいます。このことをよくのみこんでいますので、どうか後日召し出しておたずね下さい」
 代宗は慧忠寂後、耽源を召し出して慧忠の真意を問うた。
耽源「湘州の南、潭州の北、中には黄金があって一国に満ちている。影ひとつない樹の下の乗合船、瑠璃殿に善知識はいない」

 秋月さんによると耽源は「私がここにこうしてどんと座っている」ということを言いたかった、とのこと。


 なるほど、よくわかる。でも、そうなら最初に代宗に「何かお望みの物がありますか」と尋ねられた時に「ない」と答えておけばいいような・・・

posted by kingstone at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック