私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年09月15日

映画「天地明察」 岡田准一 宮崎あおい 出演



 初日・第一回目に行って来ました。
 2分の入り。
 でも面白かったですよ。

 建部(笹野高史)の「これ、算哲。お主は実に良い学び方をしておるぞ。この誤問がそう言っておるわ」のセリフで涙が溢れてきました。

 2chで「忍者」が出てくる、という話があって、ありゃりゃと思ったけれど、確かに覆面の集団は出てくるし史実には無いことだけど、敵対する勢力が「覆面」で襲って来ただけで、ステロタイプの忍者では無かったような気がする。あれだったら日本人でも許せるんじゃないかな。

 しかしね。外国の「先進的で確かなもの」を取り入れ、しかし「その時点ではすごい」ものであったり「そこではすごいもの」であるのは確実なのだけど、実は「今」「ここ」ではもう一度確かめ、自分自身のものを作り出さなければならない、って話。もう深くうなづくわ。

 で、私、昔から「自分で観測し、計算して、地球が丸いこと、地球が太陽の周りを回っていること」を確認したいと思っているのだけど・・・これはたいへんそうやなあ。まあ電車とかを使うのは許すとして、「時計」とか「GPS」とか使うのはずるだから使わない(だって、それらは「地球が丸い」とか「地球が太陽の周りを回っている」とかがわかったからこそできた物でしょう?)とすると・・・・めっちゃたいへんだし、どこから手をつけていいのやら・・・

 しかし、それらを確認しないと「本に書いてあったから信じる」とかいう話になって、それは科学ではなく信仰だもんなあ。いやもちろん信仰は信仰であっていいんだけど、「地球が丸い」とか「地球が太陽の周りを回っている」とかいうレベルの話だったら、なんとか科学のせんに持って行けそうだし・・・

posted by kingstone at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック