私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年09月06日

9月6日(木曜日)  我不辞向汝道 恐巳後喪我児孫

 おはようございます。

 薄曇りです。雲は高いですね。秋やなあ。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 百丈和尚のそばに弟子の爲山(嘘字・さんずいがあってつくりが爲・いさん)と五峰と雲厳がつき従って立っていた。山雨至らんとして、風の堂に満つー何か一騒動ありそうな気配。
百丈「のども唇もふさいで、どうものを言うか」
爲山「まずどうぞ老師からおっしゃってみてください」
百丈「我不辞向汝道 恐巳後喪我児孫(私はお前に向かっていうことを辞さないが、しかしそんなことをすれば、おそらく私は児孫を失うことになるだろう」

 いえというなら言ってきかせてもいいのだが、それを言ったら、お前たちが以後少しも骨を折って参究しなくなって、児孫が絶えてしまうかもしれぬから、やめておこう。


 児孫って、「弟子」のことなんだな。このエピソードって、一休さんの「屏風の虎を出す話」とパターンは同じみたい。「そんなん言うんやったらお前がやってみい」というやつね。で、最後の百丈の言葉って、完全に「負け惜しみ」やん。

 なお ATOK for Mac の文字パレットは単漢字を探すのにめちゃ便利だったけど、「さんずいに爲」は入っていなかった。残念。

 今日はNPO作りの話を聞きに行って来ます。

posted by kingstone at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック