私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年08月29日

中教審 教員養成で修士課程履修を答申 という報道について

 Togetterで

中教審 教員養成で修士課程履修を答申 という報道について

をまとめました。

もとの NHK NEWSWEB の記事

中教審 教員養成で修士課程履修を答申

 記事を転載しておきます。

相次ぐいじめや不登校など複雑化する学校の課題に対応できる実践的な指導力を持った教員を育成するため、中教審=中央教育審議会は教員養成の在り方を見直し、大学の4年間に加え大学院での「修士課程」を履修させるよう、平野文部科学大臣に答申しました。

これは、中教審の三村明夫会長が、平野文部科学大臣に答申したものです。
それによりますと、グローバル化や少子高齢化と社会が大きく変化し、いじめや不登校など生徒指導上の課題が複雑化するなかで、教員には高度な専門知識と実践的な指導力が求められるとしています。
このため、教員としての基礎的な知識や技能を学ぶ大学4年間の「学士課程」に加え、大学院で1年から2年程度の「修士課程」を履修し、学校現場で長期間の実習を行うなどして教科や生徒指導の実践的な力をつけさせるとしています。
これに伴い、教員免許の新たな制度も設けるとしていて、当面はこれまでどおり、大卒者にも教員免許を与えるものの、採用後、できるだけ早い時期に修士課程を履修し、新たな免許を取得すべきとしています。
答申を受けた平野文部科学大臣は、「教員が社会の尊敬と信頼を得られるよう、答申をしっかりと受け止め、施策に取り組んでいきたい」と述べました。
文部科学省は今後、学生が「修士課程」の履修を行う大学院をどう整備するかや実施の時期、新たな教員免許制度の創設に向けた法改正などについて検討することにしています。

専門家“採用後のトレーニングには限界”
28日の答申について、教員養成の在り方に詳しい東京学芸大学の岩田康之教授は、「教員が実践的な力を養ううえで、現場にある程度長い期間いることが重要だが、採用されてからオン・ザ・ジョブトレーニングでやるには限界がある。大学が責任を持ってやる教員養成教育の中に、実践的な要素を多く取り込むことが必要だ。大学での教員養成に対する考え方を、大学の人たちも少しずつ変えていく必要があると思う」と話しています。

「即戦力」に期待 支援の在り方には課題
答申のように「修士課程」の履修が必要とされると、教員養成の在り方はどう変わるのでしょうか。
現在、教員養成系の大学では4年間、国語や理科といった教科を指導するための知識や技能のほか、教員の役割や生徒指導の理論などを学び、教員としての基礎的な知識や能力を身につけます。
また、学校現場で行う教育実習は、3週間と短期間に限られています。
今回の答申で示された大学院での「修士課程」の教育は、大学4年間の学びに加えて学校現場での長期の実習が主体となります。
期間は具体的に決まっていませんが、より長期間学校に入り、子どもや教員とともに過ごすことで、子どもの興味をひく効果的な授業方法を学んだり、いじめや不登校など生徒指導の問題にも直接関わったりすることができます。
こうした現場での体験を踏まえ、大学院でより専門的な理論を学ぶことで、教員としての指導観を身につけ、実際に教員になった際、即戦力になると期待されています。
一方、新卒で教員として採用された学生は昨年度、全国でおよそ9000人いることから学生が学ぶ大学院をどう整備するかや、長期間の教育実習の受け入れは学校の負担ともなり、現場の支援の在り方が課題となっています。
さらに、修士課程の履修で経済的な負担が増える学生への授業料の免除や奨学金の充実などの対策も求められることになりそうです。


posted by kingstone at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>採用されてからオン・ザ・ジョブトレーニングでやるには限界がある。大学が責任を持ってやる教員養成教育の中に、実践的な要素を多く取り込むことが必要だ。

 笑止千万。そんなことできる大学がいったいいくつあるの?

>期間は具体的に決まっていませんが、より長期間学校に入り、子どもや教員とともに過ごすことで、子どもの興味をひく効果的な授業方法を学んだり、いじめや不登校など生徒指導の問題にも直接関わったりすることができます。

 フィンランドじゃないんだから,「教育実習2ヶ月」とか無理です。受け入れ校がなくなります。

>こうした現場での体験を踏まえ、大学院でより専門的な理論を学ぶことで、教員としての指導観を身につけ、実際に教員になった際、即戦力になると期待されています。

 なりません。教育学部の大学院は「専門的」ではありません。「現職の長期派遣修士課程」に太刀打ちできない程度の教官がほとんどです。

>さらに、修士課程の履修で経済的な負担が増える学生への授業料の免除や奨学金の充実などの対策も求められることになりそうです。

 薬学部が4年制から6年制になってどうなったか?志願者激減で定員割れ続出です。志願者が減ったということは本来なら就職の枠が広がったはずなのですが,そうなりません。なぜか?まず2年余計な学費+生活費が払えない。次に,日本のシステムでは大学院を出てもメリットがないのです。今回の答申に従った施策が施されると教育養成系学部に進学するということは「教員以外の進路先は絶望よ」になるんです。
 日本のシステムでは,従来の学部+教職課程の方がよほどまともな人材が集まります。

 だいたい

>いじめや不登校など生徒指導上の課題が複雑化するなかで、教員には高度な専門知識と実践的な指導力が求められるとしています。

 こんなもの座学や実習・演習で解決できるわけありません。一般に語られていませんが,フィンランドは昔の日本のように教師の権威が高く,子供が教師の悪口言おうものなら親がぶん殴って「先生の言うことを聞きなさい」という社会なんです。社会の教育力がダメになったから今の日本になっているのです。
 たとえばね。「いじめを解決できなかった先生の出身大学は,高度な専門知識と実践的な指導力を与えられなかったのだから,交付金を減らす」という政策を行っても,「イエス」という大学があるのかということです。
Posted by もずらいと at 2012年08月29日 22:12
もずらいとさん、どうもです。

もう私には通常校のことはわかりませんが、私の特別支援教育に関する経験では、これは無茶苦茶な案だと思います。
法科大学院・心理臨床の大学院の経験が生きていないのでしょうか。
はたまた「大学教員」の口が増えるからいい??
薬学部はどうなのかな・・・
獣医学部はどうなのかな・・・

Posted by kingstone at 2012年08月29日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック