私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年07月28日

7月28日(土曜日)  一得一失

 おはようございます。

 寝ている間に蚊が来たらしく、素肌の出ていた部分をたくさんかまれてかいい、かいい。

 今日も暑くなりそうです。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 清涼院の法眼和尚(885-958)修行僧がお斎の前に参じた時、黙って簾を指さした。その場にいた二人の僧がともにそこに行って簾を巻き上げた。法眼は言った。
「一得一失(一人は良い、一人はだめだ)」
 得失は「える・うしなう」ではなく「よい・よくない」という意味。

 秋月さんの解説では、二人の僧の悟り方の違いとかで解釈することも多いが、そこからもう一歩、肯定か否定かの師家権は、まったく正師の手の裡にあることを知らねば、とのこと。

 要するに「直感」というか、師が「ええ」と思えばいいし「あかん」と思えばあかんというこっちゃろな。

posted by kingstone at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック