私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年07月25日

鶴林寺と亀山本徳寺



 第六感 関西編

 図書館の返却図書にあったので借りて来ましたが、これ、「五木寛之の」と書いてあるけど、中身の文・解説・は出版社の人が書いてるな。要するに五木寛之はモデルとして出てるだけだと思う。

 兵庫県で入っていたのは以下の2つ。

鶴林寺

 天台宗
 加古川市加古川町
 聖徳太子が少年時代に朝鮮半島・高麗(こま)から来た僧恵便(えべん)を訪ねたのが始まりと言う。

亀山本徳寺

 浄土真宗(本願寺派)
 姫路市亀山
 1493年、第八代蓮如より「東かりや道場」に本尊が下付される。
 英賀に御堂を建てたが1580年豊臣秀吉の軍勢によって滅ぼされる。しかしよくわからんが秀吉に寺領の寄進を受け、亀山に移転した。

 うむ、一度行ってみたいなあ。
 しかし、この本、このふたつのお寺の紹介の後ろに、三宮のフロインドリーブや元町南京街の老祥記の紹介が出ていたりする・・・全然近所やないけど・・・

 それからお寺さんって、割と初期からホームページを持っているところが多いけど、なんか作り方が昔のままだったりするなあ・・・

ラベル:宗教 寺
posted by kingstone at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック