私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年06月19日

商店街はなぜ滅びるのか 新雅史著



副題は「社会・政治・経済史から探る再生の道」

 いろいろ新しいことを知りました。帯に上野千鶴子さんの推薦があったので?と思ったら、どうやら教え子さんなわけね。

 文はちょっと生煮えと言うか(ひええっ!上から目線ですいませんm(_ _)m)新書なのにちょい論文臭があるってか・・・

 しかし東日本大震災で商店街にボランティアに行かれたり、また後書きに詳しく書かれているように、著者のご両親がもともと商店街の酒屋さんであり、その後コンビニを経営しておられるなど、著者の研究が、ある意味やむにやまれぬ自分自身のテーマであることに共感を覚えます。

 また後書きにあった

 わたしの両親は、コンビニを経営できているだけ、恵まれているのだと思う。酒屋を廃業してそのまま行方が知れなくなった者、あるいはコンビニなどの新しい事業に手を出して自殺してしまった者は、私の地元だけでも何人もいる。

ってのはちょっと私の周囲にもいるだけに身につまされます。

 私自身、商店街の周辺に生まれ育ってその盛衰を見てきました。

 まず著者の言う「商店街とはかなり新しいものなのだ」というのは、へえ、と思いました。もちろん金毘羅さんの門前市などは昔からあったのでしょうが、私が生まれ育ったところにあったような商店街は、第一次世界大戦後、都市に流入した離農者が、資本がなく零細小売業を営むことで生まれたというのはなるほどでした。

 また1918年の米騒動は、庶民(?)が「悪徳商人」が米の値段を釣り上げたと考えて打ち壊しをしたわけですが、しかし商人の方とすれば単に原価が上がったから値上げしただけかもしれない。何て言うか「敵」は別のところにいた、というか「戦う相手が違う」と言うか、そういう話だったのかもしれません。

 で、この頃から「購買組合運動」とか「生協運動」とかも生まれたし、また商店街も形成されていった。

 それが第二次世界大戦後、政治的・社会的条件も整いたいへん繁栄した。

 ところが商店街を形成した零細小売業は「専門性の無さ」「効率の悪さ」ゆえに淘汰されていった、しかも様々な「規制」によって(例えば「大店法」)に守られた既得権益者として「悪者」とみなされた、みたいなことになるのかな。時代時代によって、対立軸として百貨店・スーパー・コンビニなどが出てくるわけです。

 でも、「雇用の受け皿」とか「地域のインフラ」として重要だったのではないか、そして若者が事業を始めることができる基盤として大事なのではないか、というのが著者の主張したいところかな。

 私の場合、おめめどうと重ね合わせて考えるわけですが、おめめどうの場合、「商店街の店」みたいな感じでは商圏の人が少なすぎて維持できないでしょう。各地の非常に(全人口から見れば)少ないピンポイントの人たちを顧客としていかないと成立しない。また「専門性」はかなり高いとは思う。それから商品については「仕入れて売る」というのじゃなくて「開発して売る」というから普通の小売店のあり方とは違うよなあ。また「いい物をより安く」というのでも無い。もちろんできるだけ「安い」ほうがいいのは確かだけど「より」ってったって誰と比べて「より」だ?そんなの無いもんな。

 しかし、「商店街」という形ではないけれど、お客様の周辺のコミュニティごと変えていかないと存続できないし、そこをねらっていくしかないんじゃないか、なんかそんなことを考えながら読みました。



 
ラベル:商売 経営
posted by kingstone at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「雇用の受け皿」とか「地域のインフラ」

として「重要ではなかった」ことは3.11の大震災が証明しています。コンビニ・チェーンは当日から支援の手が入り,店舗は全壊でも自動車での販売などがなされましたが,地域固有の店は流通ルートが絶たれたので,それが復興するまで何もできませんでした。
 地域の小売業が廃れた理由は簡単です。「過去と同様な未来がある」と考えたからです。昨今,地域の本屋がどんどん閉店しています。これを近郊の大規模店のせいだという浅はかな分析が行われています。違います。再販制に守られた地方の本屋にとって一般客なぞは客のうちには入らず,小中学校の教科書・参考書その他と床屋や喫茶店の週刊誌が主な収入源なのです。少子化で子ども向けの売り上げが減り,喫茶店はなくなり,床屋もコストカットで週刊誌をとらなくなったから潰れたのです。
 あと,都市圏の場合,小売店というのはなまじ固定客という「安パイ」があるので,けっこう「一見さん」をないがしろにします。コンビニにそれはありません。
 つまり「おごれる平家久しからず」というところだと思います。実家の周辺でもサービスの良い床屋は普通の,つまり高い料金でも生き残っています。アーティスト気取りのところはあらかた潰れました。酒屋や模型屋はトレンドを見極めている店はちゃんと残っています。そもそもそう言う店はネット通販にも積極的です。「地元で固定客相手」というシステムが破綻しただけです。
Posted by もずらいと at 2012年06月19日 22:15
もずらいとさん、どうもです。

|酒屋や模型屋はトレンドを見極めている店はちゃんと残っています

私の知っている所でも残っている所があります。
すごいなあ、と思います。
やはり「専門性」なのでしょうね。

しかし「地元」っていうか、コミュニティは何とかしないとなあ、と思います。
Posted by kingstone at 2012年06月19日 22:32
>しかし「地元」っていうか、コミュニティは何とかしないとなあ、と思います。

 その気がないコミュニティは崩壊するでしょうね。たとえば大都市の通勤圏で新住民を祭りや行事から拒む地域は,まず衰退しています。コミュニティ自体に柔軟な発想と対応が求められます。それがなかったから先細ったわけですから。
Posted by もずらいと at 2012年06月19日 22:57
|コミュニティ自体に柔軟な発想と対応

そういう意味で
「岡檀さんの自殺希少地域についての発表」
http://kingstone3.seesaa.net/article/272897859.html
は面白かったです。
Posted by kingstone at 2012年06月19日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック