私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年06月03日

6月3日(日曜日)  下の句穏当ならず

 おはようございます。

 曇りです。
 新聞の天気予報は「曇」→「晴れ」→「曇」
 最大でも降水確率30とのことですが。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

白隠下雑則より

燈火(ともしび)の消えて何処(いずち)に行くやらむ暗きは元の住処(すみか)なりけり
 ー下の句穏当ならず。つけかえよ。

 秋月さんの解説では、座禅をやっているうちに煩悩妄想の根が切れ、「真空無相」(本来無一物)という心境が眼前する。それが「燈火の消えて」という状態。「暗き」も。で、それを自己の「本来の面目」(つまり「元の住処」か)と勘違いしてしまう。
 そこんとこ「『差別』の世界を払拭して『平等』の世界を体認したのはよいがそこを『本来の面目』と勘違いして、そこに腰を落ち着けてしまう。これは勘違い。暗中に明があるのが真の暗である」と大意書かれています。(かなり私が変形)
 で、そこがインドの禅定とは違った中国の禅の真面目と書かれているが、白隠和尚だと日本になると思うが・・・
 で、ここで使われている「差別」は「区別」に近く、「平等」は「そのままに見る」みたいな意味やろな。


 今日は丹波篠山で大国寺茶まつり
 メイン会場の「茶の里会館」はおめめどう本社の向かいです。
 机も出して、おめめどうグッズの展示もしています。

posted by kingstone at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック