私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年05月31日

5月31日(木曜日)  どこから手斧初めをしたぞ

 おはようございます。

 くもり(?霞?)です。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

白隠下雑則より

浅草の雷門の普請をしたとき、大工はどこから手斧初めをしたぞ。

 昨日の「どこから手をつけたか」という問答と同類ですね。

 秋月さんの解説は
「どこ」が問題である。仏教の空間論である。それは浅草の雷門であっても日光の陽明門であってもかまわない。ここから着手したという「ここ」が発見できれなければこの公案は透れない。禅道仏法の原点は、「即今(いま)・此処(ここ)・自己」にある。これを離れて仏法はない、禅もない。

 で、即興、その時、「ここ」とか示すことができればいいんだろうし、実はそれはどうでもいい、みたいな・・・

おめめどうのハッピーセミナー 6月30日〜7月1日(5月30日に催行か否か決まります)

は最少催行人数に達せず、今年は中止です。私としてはオタク話のできるチャンスがひとつ減って残念。

 で、もともと私は「講義」ってのはせず「ツッコミ」担当なんだけど、それって「禅語」のツッコミ合いと同じようなもんじゃないか、とふと思った。
posted by kingstone at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック