私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年05月18日

5月18日(金曜日) これからは清浄な白紙でふくがよい

 おはようございます。

 いい天気です。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 白隠和尚(1686-1768)の弟子に悟った者(?)がいて、これがたいそうな悟りぞこないで仏を礼せず香をたかず、「大般若経」を引き破って尻をふく始末。
「わしは仏だ、経文は仏の説いた反故だ。故紙で仏の尻をふいて何が悪い」
と言う。白隠は言った。
「お前は仏になったそうな。それはめでたいが、しかし貴い仏の尻を故紙でふいてはもったいないではないか。これからは清浄な紙でふくがよい」
 真綿のような言葉の中に包まれた師のこの寸鉄が、みごと禅病にかかった狂禅者の心臓を刺した。彼は心から懺悔感謝して、改めて師に参じて修行をつんで、ついに真の本来の面目を体得したという。

「悟りぞこない」ねえ・・・自分もそうならないように気をつけないとなあ・・・

 明日は、篠山市で、宮城県仙台市在住の高橋みかわ氏による「大震災自閉っ子家族のサバイバル〜あの時何があったのか〜」の講演会。

posted by kingstone at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック