私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年05月04日

永沢寺 シバザクラ 花菖蒲でも有名

 次は永沢寺。

 しかし「永沢寺」という表記もあり「永澤寺」という表記もあり、そしてホームページも2つ。(しかし、同じ所のよう)
 また読みも「えいたくじ」「ようたくじ」と2通りあり、よくわからないのですが・・・

     追記。
        ちょっとわかって来たのは、「お寺」と「地域」ってことかも
       しれない。今日行ったシバザクラの庭園は「お寺」じゃなかったし。
       別の場所で「ガンダーラ仏像展」ってのもやってたし。まあ、地域
       で盛り上げよう、ということででみなさんやってる感じがするな。

 私はここの地図を見て行きました。

 なお、このあたり、Googleの地図に書かれた道路の番号と、実際は違うようで、地図を頼りにしつつ、しかし「この番号は変だし、こっちに曲がるわけないよなあ」とかあれこれ考えながら行き、間違わずに行けました。(記憶を再現できませんが・・・)

 道は途中まですいすい行けたのですが、永沢寺まであと1kmあたりで止まったり動いたりという状態になりました。しかし無料駐車場があり、たくさんの警備の方が整理して下さっているので、止まりきることはなく、到着することができました。

 なお、花山院から永沢寺に到る山中ではソフトバンクの電波もドコモの電波も全然入りませんでしたが、南から峠を越え永沢寺に下って行く所まで来るとドコモの電波は俄然入るようになりました。永沢寺の近所まで来たらドコモのアンテナが立ってました。

P1010672.JPG

 入り口にたくさんの旅行社の看板がありました。

P1010673.JPG

 入ったところの売店。私が到着したのが午後1時頃でしたが、売り切れ続出の盛況でした。物がどんどん売れていくのを見ると、こちらまで嬉しくなります。

P1010674.JPG

 食堂のメニューの一部。やきそば300円って安いと思う。

P1010678.JPG

 こんなの。確かにお腹いっぱいになる量ではないけど。

P1010677.JPG

 食堂のカウンターの材木、もとの刻印がそのまま模様みたいな効果を出してる。

P1010679.jpg

 マツダK360。

P1010680.jpg

 説明。

P1010675.JPG

 たくさんの人が。

P1010681.JPG

 ワンちゃんを連れた方もたくさんおられました。そちら方面でも有名なのかな?

P1010682.JPG

 シバザクラ。

P1010683.JPG

 水仙。

P1010684.JPG

 上中央のあたりに車椅子の方がおられます。園内は車イスでも移動できるようになっています。

 ただし、トイレ事情を書いておくと、男子トイレには洋式無し。女子トイレには少なくとも1つは洋式があったようです。(妻の話)

 P1010685.JPG

 ウルトラマン。園内のそこここにオブジェがあります。

P1010686.JPG

 猿蟹合戦のオブジェ。

P1010687.JPG

 よく見る花ですが、なんか綺麗。

P1010688.JPG

 井戸があって、そこで汲み上げた水を持ち帰ることができるようになっています。

P1010689.JPG

 看板。

P1010690.JPG

 水を入れるペットボトルは、村で使ったもののリサイクルかな?タダでもらえます。私んちは1本だけ頂いて入れて帰って来ました。5本くらいもらって入れてる方も複数おられました。帰ってそのまま飲んだり、お茶を淹れたりしましたが、「おいしいような気」はしました。まあ水道水よりかなりおいしんだろうなあ・・・よくわかりません。

 ここ、シバザクラは見事だし、食堂も、おみやげ屋さんも流行ってました。なんか村人総出でやってる、って感じ。

 よく考えてみると探偵ナイトスクープで桂小枝さんが紹介してる「パラダイス」と同じようなもんだと思うのですが、しかしこの盛況とパラダイスのお客さんのいなさと、どこが違うのか・・・まあ違うけど。

 お客さんがみんなニコニコ上機嫌に見えました。もちろん上機嫌だから「シバザクラでも見に行こう」ということになるのだろうから当たり前だろうけど。でもこれだけみんなをニコニコさせるってすごいよなあ。






ラベル:写真
posted by kingstone at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック