私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年04月13日

4月13日(金曜日)  七歳童児勝我者 我即問伊 百歳老翁不及我者 我即教他

 おはようございます。

 曇りです。


ー秋月龍a著  一日一禅より  kingstoneちょい変えー

 趙州和尚がはじめて師の南泉に逢った時。南泉は横になっていた。
南泉「どこから来たか」
趙州「瑞像院です」
南泉「瑞像(めでたいすがた)を見たか」
趙州「瑞像は見ませんが臥如来(ねぼとけ)を見ました」
南泉「(起き上がって)主人はあるか」
趙州「1月とはいえ、まだ寒うございます。老師にはご尊体ご健祥で祝着に存じます」
 趙州は即師主として挨拶した。こののち40年南泉に随侍した。

 趙州がつねに言っていた言葉。
「七歳童児勝我者 我即問伊 百歳老翁不及我者 我即教他」
(七歳の童子でも自分より勝れた者には教えを乞おう。百歳の老翁でも自分に及ばない者には教えよう)

posted by kingstone at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック