私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年02月16日

ボブ・ディランが欲しいんだ クインシー・ジョーンズ

 We are the world は1985年にアメリカで発売された歌です。

 以下、Wikipediaの記述を引用すると

 著名なアーティストが「USAフォー・アフリカ」として集結して完成させた。

 ハリー・ベラフォンテの構想をもとに、イギリスで活躍するミュージシャン、ボブ・ゲルドフが提唱したバンド・エイドの成功に触発されてアフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたキャンペーンソングである。作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共作で行い、プロデュースはクインシー・ジョーンズが担当した。

 1985年1月28日の夜、アメリカン・ミュージック・アワードの直後、アメリカのみならず当時の世界のポップス界を代表する45人が、ハリウッドのA&Mスタジオに集結してレコーディングされた。

 で、たぶん1985年の「日本テレビ 愛は地球を救う 24時間テレビ」でメーキング映像と、完成した映像を流したんですね。私、それをVHSに録画していました。久しぶりに見てみたら、やっぱり感動します。

 こないだ東日本大震災の時も来てコンサートをして下さったシンディーねえさんも若い!!

 私が一番感動するシーンは、クインシー・ジョーンズが、みんなのテイクを録って、でボブ・ディランにもソロの追加を頼むわけ。その時のディランとジョーンズのやりとり。

ディラン「キーが合うかな?変えちゃいけないんだろ?」
ジョーンズ「気にしなくていいよ。ボブ・ディランが欲しいんだ」

 くーーっ、カッコいい!!
 で、録音風景が出ています。何度も小さな声で自信なさそう(と見える)に歌うディラン。で、実際のテイクに入ったら・・・

 この動画の3分45秒あたりから4分あたりです。(これは実際のテイクのみです)



 そのメーキング映像、小学校4年生に授業で見せ「ええやろう」とやってたんですが・・・子どもたち意味わからんかったろうなあ(笑)

 なお、その24時間テレビ、司会に先日無くなった太平シローさんが出てました。



ラベル:音楽
posted by kingstone at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック