私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年01月17日

iPad講習会のプレゼン方法

障害者のための iPad活用講座と体験会の報告

の NPO法人支援機器普及促進協会(ATDS)理事長 高松崇さんのやっておられたプレゼン方法

prezen.png

 こんな感じで、左手に持ったiPhoneでMacBookAirの中のkeynotoeを操作してはりました。

iPhonete.png

 これがiPhoneのアップ。

MaciPad.png

 MacBookAirのThunderboltって端子にケーブルをつなぎ、そこからケーブルを変換してプロジェクターのVGA(?)端子につないではります。ただしこの接続の場合、音声は出力されず音もプロジェクターから出そうとするとMIC端子をケーブルでつながないといけないそう。

iPad.png

 iPad はHDMIの信号をケーブルで出せるそう。

cable.png

 プロジェクター側。左がVGA。右隣がHDMI。これを別の方がリモコンで切り替えてそれぞれの画面を出すようにしてはりました。

 iPhoneからMacBookAirのkeynoteを操作するにはRemoteというフリーのソフトを両方に入れてはるそうです。(他にもいろいろあるらしい)で、直接MacBookAirを動かせたのか、それとも下の写真の左下に見えるWiMaxのルーターが必要だったのか、メモにしっかり書いてないのでちょっとわからなくなりました。

iPadjyuuden.png

 なおこの時はiPadの方はiPhoneからでなく、直接タッチして操作してはりました。

posted by kingstone at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 う〜ん。なんか美しくないなぁ。もっとシンプルにできないものなのですかね。
Posted by もずらいと at 2012年01月18日 05:43
もずらいとさん、どうもです。

どうしてもケーブル類はいろいろになりますね。

ジョブズがiPhoneのプレゼンの時に
「iPod、携帯電話、画期的通信機器、その3つを1つにした」
http://www.youtube.com/watch?v=L0XeQhSnkHg
と言ったようにコンパクトな一体型のものですむようになればいいのですが。
Posted by kingstone at 2012年01月18日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック