私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2012年01月17日

1月17日(火曜日) 王法不思議仏法と対座す

 おはようございます。

 久しぶりの朝からいい天気。


ー秋月龍a著 一日一禅よりー

 花園天皇が大燈国師(1282-1337)を召して初めて聴聞する時、国師は対座することを要求した。(普通は天皇が一段高い所に座り御簾ごしに対話する)その時のやりとり。
花園天皇「仏法不思議、王法と対座す」
大燈国師「王法不思議、仏法と対座す」

 そういや大河ドラマの平清盛で「王家」という言葉を使うのがおかしい、みたいな意見がなんか激しく出てますが、上の文でも「王」ですね。

 雪潭和尚は美濃伊深の正眼寺に住し、その教育手段の苛辣さは、天下に「雷雪潭」と仇名された。
 和尚の話を城主が聞く時、一段高い座に御簾を下ろして座っていたので雪潭の雷が落ちた。
「なんたる無礼者、簾中にあってわしの提唱を漉して聴こうというのか。わしの提唱に糟はないぞ」

 
 今日は阪神・淡路大震災から17年たったのですね。
 5年間は5時46分に黙祷してました。
 当時私の書いたものはカテゴリ「阪神・淡路大震災」にまとめてます。
 まえがきを除くと「1995年1月15日(日曜日)」から始まっています。
posted by kingstone at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック