私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年12月14日

「京」の建物(計算科学研究機構)に行って来た

 スパコン「京」の入っている「計算科学研究機構」に行って来ました。

IMG_0178.JPG

 これは北側の駅から行くと最初に見えるレストランの表示。こっちの駅から行った方が交通費がちょっと(60円だったかな)安い。しかし、実はこの建物は京の建物とつながってはいるけど別棟の兵庫県立大の建物内。

IMG_0179.JPG

 こっちが入り口。
 で、今日は「見学会」の日でもないし、入れてもらえないかなあ、とも思いましたが、行ってみたら入り口で名前は書かされますが、入れてもらえました。

IMG_0180.JPG

 入ったところにラックの見本(?)が置いてありました。
 水冷(と空冷のハイブリッド)なんですね。

IMG_0181.JPG

 TOP1になった証明書。

IMG_0182.JPG

 武田双雲さんの字。

IMG_0183.JPG

 へえ、こんなふうになってるんや。ローカルファイルシステムとグローバルファイルシステムね。

IMG_0184.JPG

「壊れても全てが止まらない」「壊れてもすぐ直せる」なるほど。システムとしては大事なこっちゃな。

IMG_0185.JPG

 へえ。Linuxをベースにしてるのね。でFortranやC/C++。

IMG_0186.JPG

 仕様ってのか。

IMG_0187.JPG

 電源ユニットは冗長化されてると。

IMG_0188.JPG

 より高性能にするためにあるいろいろな壁。

IMG_0189.JPG

 いろいろな物性の計算もするってことで。超固体の説明が面白かった。「超かたいわけではない」

IMG_0190.JPG

 棟はこんな感じ。

IMG_0192.JPG

 もうハゼが白い実だけになってますね。

ラベル:スパコン 京
posted by kingstone at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック