私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年12月05日

特別支援教育におけるコミュニケーション支援

 部屋の机・本棚から資料が雪崩落ちて来ました。
 いくらなんでも片付けなきゃいけないだろう・・・と一念発起して片付けることに。

 で、古い資料を整理しようと手にとっていたら




が出て来ました。

 これkintaさんたちが編集した立派な本です。平成17年(2005年)に出てます。

 なんでこの本、貰えたのだろう?と思ったら、私の実践記録も入ってました。
 で、読んでみたら、このブログにも書いてあることでした。しかし・・・とてもさりげなくというか「ほんま」のところは書けてない・・・まあ限界ですね。

 私、うつで、もうどうしようもない頃になんとか原稿だけは送ったんだなあ、と思います。

 この本、定価は1714円+税なんですが、今アマゾンで見てみたら中古で「5250円より」でした。なんか嬉しいな。

 なお、当時東京学芸大学附属養護学校の富岡康一さんの実践報告は

「そのスケジュールに異議あり!」という題で、「スケジュールを固定したものとして『与える』のではなく、選択したり、コミュニケーションしたりすることが大事」というような趣旨の文を書いてはります。

 慧眼です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック