私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年11月19日

11月19日(土曜日) 誰家無名月清風

 おはようございます。

 雨です。しっかり降ってます。でもそこそこ暖かい。


誰家無名月清風 たがいえに めいげつ せいふう なからん

 私の考えたこと。 どんな家だって、名月や清風は無いんだよ。いろんなややっこしいことがあるんだよ。どの家もね。

 解説。 どんな家にも月の光は届くし、清々しい風が吹く。「名月清風」は仏性をあらわし、誰でも仏心(人間性・慈悲の心)を持っていることを示しています。大罪を犯した人でも、清らかな心を持っている。自分にとって嫌な人でも、誰かにとっては優しく、温かな存在かもしれません。

 あらま、全然逆だった。
posted by kingstone at 08:45| Comment(4) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>どんな家だって、名月や清風は無いんだよ。

と間違えたのは「誰家」を間違えたからです。これは「who's house」と同じで疑問詞です(この場合)。ですから「明月や清風の無い家って誰の家?(そんな言えあるわけ無いじゃん)」
 「誰ですか?」は漢語では「誰何?(「すいか」ATOKでは変換候補に入ってました)」というのと同じです。
Posted by もずらいと at 2011年11月19日 09:50
>(そんな言えあるわけ無いじゃん)

当然のことながら「そんな家あるわけ無いじゃん」の誤変換です。
Posted by もずらいと at 2011年11月19日 09:51
もずらいとさん、どうもです。

|「誰家」を間違えたからです。これは「who's house」と同じで疑問詞です(この場合)

きっちり間違えました。
ええっと、これは「未然」みたいな感じか・・・(違うか??なんとなく同じようなイメージが浮かびました)
Posted by kingstone at 2011年11月19日 10:27
>ええっと、これは「未然」みたいな感じか・・・

 うーん,違うと思います。文頭に「誰」が来ると命令口調というか強調表現になるんです。「誰何」も「何者だ!」という方が正確な訳ですね。「誰家無」は「そんな家あるわけ無いだろう,何考えているんだ」くらいの語調です。解説の方は「誰」の字に引きずられてしまっていますね。
Posted by もずらいと at 2011年11月19日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック