私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年11月17日

11月17日(木曜日) 松無古今色

 おはようございます。

 空を雲が覆っています。雨の雲じゃない感じですが、どうなるかな。


松無古今色 まつに ここんの いろなし

 私の考えたこと。 松には古い(昔の)色とか今の色とかなくて、松は松だよ。「それは古い」だの「今の流行(最先端)はこれだ」なんてこと考えなくていいんだよ。君は君でいい。

 解説。  松は、その緑の色を四季によって変えたりすることはありません。どれほど時問が経とうとも、人間の本質的な部分は不変だというこど。そして、だからこそ人はすべて平等なのです。
 しかしその一方で、この句の後にはたけにじょうげのせつあリ「竹有上下節」と続きます。竹は上下に節があり、男女の別があるように、きちんと区別は存在するということです。不変・平等であるこど、そして違いを認めてきちんど区別すること。このふたつを理解していれば、世の中の物事はスムーズに動いていきます。


 なるほど、こんなもんか。


posted by kingstone at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック