私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年11月03日

自閉症や発達障害の人の数を掴める統計とかあるのか

 Togetterで

自閉症や発達障害の人の数を掴める統計とかあるのか

をまとめました。

 自閉症や発達障害の人へのサービスを作っていくためには、施策のために統計が必要になります。(ただし行政の場合。私などが勝手に動くぶんには何も必要ありませんが)それがあるのか、またそのサービスのために必要とされる療育手帳について 。

この記事へのコメント
統計、まだないのですか。うーん。
雰囲気だけでいうと最重度の知的重複自閉症は増えてない、みたいなんです。
軽度発達障害が増えた、という印象。

第四の発達障害(=虐待)との因果関係とか考えてしまいます。
虐待家庭になりやすいところは、親御さん自身があまり生きるのが上手じゃない人であったり、生来のものであるか、家庭環境のせいか、見分けがつかないようなのです。

もう一つは、日本全体の育てる力が落ちてる、だろうなぁということです。
私は絵本の読み聞かせという育て方を選びましたが、主な動機は私が聞こえないので子供との世界を作るための手探りでした。
もう一つの動機が、「昔語り」という文化を少なくとも私は持っていないので。絵本をみながらいろんな世間の話をするきっかけだったの。

でもね、今日本の神話の絵本なんてないし。
「三匹のこぶた」とか「イワンのばか」とかもあまり読まれない。
”最後に幸せになるのは愚直な三男”って、言い切れるような親はほとんどいないと思います。

難しいです。
Posted by みやび at 2011年11月05日 17:58
みやびさん、どうもです。

|統計、まだないのですか

こういうのって、「正確な統計」を求めちゃいかんような気がします。
中国古典の混沌に目や鼻をつけるみたいな話で。

|見分けがつかないようなのです

それでいいんだと思います。
で、どう支援していったらいいのか考えたらいいだけですし。

|日本全体の育てる力が落ちてる

これは難しいところですね。
今の私には、よくわからないところがあります。
Posted by kingstone at 2011年11月05日 18:47
『「江戸の子育て」読本―世界が驚いた!「読み・書き・そろばん」と「しつけ」』
小泉 吉永著、いいですよ。

「仁-JIN-」が面白かったならぜひオススメです。
どれくらい日本の子育てが退化したかよくわかりました。

あとは、石川 英輔「大江戸ボランティア事情」とか。おかげ参りがどういうシステムだったかわかってよかったです。

大江戸事情シリーズ、全部読み終わってないからそろそろちゃんと読みたいな。
Posted by みやび at 2011年11月05日 20:47
|それでいいんだと思います。
|で、どう支援していったらいいのか考えたらいいだけですし。

うん…結論はそう、なんだと思う。が、周りを見回すと難しいなって状況がたくさんあるような気がします。
たとえば小学校の先生たちはうちの学区に関して言えばいい人ばかりです。
が、ご家庭や地域の事情が見えてこないと、子供の状況も充分にわからなくって困ってるようなのです。

容易に打ち明けにくいのはよくわかります。

山王こどもセンター(大阪・西成区)でも、知的や精神でおくれている親御さんの子どもたちも引き受けてるそうです。(木造長屋の一戸で、懐かしいぐらいのとこです。私は気に入りました。)
マミリーダーは子どもの時にガールスカウトやってて、アメリカの施設も視察見学して、最終的にどんな障害を持っていても子供を産み育てる権利を奪ってはいけない、という結論で今こうしているのだそうです。
「いっしょに育てよう」って。

でも、こういう機縁はたぶん稀です。
紹介してくれた人も前のだんなさんも今のだんなさんも重度障害者で、釜ヶ崎キリスト教教会でピアノ弾いてるような人です。ご自身はすっごいお嬢さんらしいのだがなあ。
Posted by みやび at 2011年11月06日 05:32
|ご家庭や地域の事情が見えてこないと、子供の状況も充分にわからなくって困ってる

そやなあ。で、ご家庭や地域の事情に詳しくなろうとすると「(今までの)普通の教師の枠からはみ出る」みたいなことが必要になって、それはそれでむつかしい、っちゅうかなかなか他人に勧められる、っちゅうもんでもなくなるし。にもかかわらず「やってもうた」って人がおもろいけどね。

|木造長屋の一戸で、懐かしいぐらいのとこです

いいっすね (^^)
私は「立派な建物」というのがいまいち信じきれなくて・・・

Posted by kingstone at 2011年11月06日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック