私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年10月19日

兵庫県議会決算特別委員会で通常高校に特別支援学校分教室を作る話

神戸新聞10月19日(水)朝刊記事から

 ネットにはまだ上がっていませんでした。

 兵庫県議会・決算特別委員会で公明党の篠木(しのき)和良議員の質問に答えたもの。

 どう質問してどう答えたかについてはよくわかりません。

 兵庫県議会のHPに行ってみました。委員会の概要→特別委員会→決算特別委員会とたどると

質問項目

のページがありました。ここには質問の項目だけ。やりとりを文書化したものも速攻で出してくれたらいいのにな。どうやらネットでリアルタイムでなら実況中継はあるみたいです。でも実況を見るより文書化されたものを読む方が早いしなあ。

 でしの木和良さんのところで

2 特別支援学校と高等学校の同一敷地内への設置について
(1)阪神昆陽特別支援学校(仮称)、阪神昆陽高等学校(仮称)の通学対策について
(2)普通高等学校を活用した特別支援学校高等部の分校等設置について


というのがありますね。

 また新聞記事に戻ります。

特別支援学校の分教室

阪神歌地域の高校に

県教委検討「各地に設置も」


 県教委が、阪神北地域の高校に、特別支援学校の分教室の新設を検討していることが、18目分かった。県教委は本年度、同様の分教室を姫路市内の高校に初めて設置。特別支援学校の過密化などを背景に、県内各地に広げたいとしている。
 同日の県議会決算特別委員会で、篠木和良議員(公明党・県民会議)の質問に答えた。
 県教委や、特別支援学校の教室不足解消や高校との共同学習のため、今年4月、姫路市の県立姫路特別支援学校の分教室を、同市にある県立姫路別所高校の教室に開設。2クラスに16人が通学する。授業は原則として特別支援学校の教員が行うが、運動会など一部の授業や行事は同高校と一緒に取り組む。
 阪神地域では2012年度、伊丹市に「阪神昆陽特別支援学校(仮称)」が開設される。1学年の定員は48人だが、都市部では特に特別支援学校の希望者が多いため、同校とは別に分教室を設置することにした。
 開設の時期や場所は未定。県教委は「若い世代に障害者への理解を促すためにも、高校の空き教室などを利用した分教室を各地につくりたい」としている。 (本田純一)


ってことですね。

 まずはここからかな。現実問題として「新しい特別支援学校」を作る予算・土地(これも予算)とか無いだろうし、高校には開き教室があるだろうし。また「特別支援学校」って、今以上に増やす必要は無いだろうし。上の記事ではあくまでも特別支援学校の分校ですが、それだと職員会に出るのとかたいへんだし、運営はその「高校」でやってけるようにしたらいいんじゃないかなあ。ほんと特別支援学級化。

 私はそっちの方向に活動していきたいな。

 人数割合は姫路では1対8の2クラス。担当教師2人。まあ2人いれば運用しやすいし、教科担任制だから大阪みたいに通常学級の教師も授業に入ってくるようになるかな。大阪の府教委に取材したのはこちら。

通常高校の自立支援コース(特別支援学級ってことか)

この記事へのコメント
>運営はその「高校」でやってけるようにしたらいいんじゃないかなあ。ほんと特別支援学級化。
>
> 私はそっちの方向に活動していきたいな。

 私もそう思うのですが、知的障害教育だけ他と学習指導要領のベースが違っている点がネックになっているようですね。でも、現行の「普通学校」の学習指導要領は大幅に弾力化されている(極端な話、必要なら高校で小学校一年の内容を教えてもかまわない)ので、知的障害児教育の部分は必要なのか考える時期なのだと思います。
Posted by もずらいと at 2011年10月19日 20:17
もずらいとさん、どうもです。

|知的障害教育だけ他と学習指導要領のベースが違っている点がネックになっているようですね

これは知りませんでした。なんせ、このあたりの分野は私の一番苦手な分野なので。
しかし当然ベースは違って来ますよね。
まあ大きく言えば「生きていける力をつける」みたいに変わらなくはなるのでしょうが。
Posted by kingstone at 2011年10月19日 21:01
なんだか、ざわざわーっとしたので、思った通りに書きます。

大阪は今から25年くらい前から、高校でも障害者枠をつくってでも受け入れる素地みたいなのがあるみたいです。

当時私は東京の世田谷にいましたが、「0点でも高校へ」の運動をしていた人からそういう記事を紹介してもらいました。卒業証書を自作して校長が渡す、と。「大阪ではこんなこともある」と。判断がつきませんでしたが覚えていました。

今身近な例で、西成高校の障害者枠卒の人が有機野菜とお菓子をヘルパーステーションに売りに来ます。代表の息子さん(も働いてます)が、同窓生だったそうです。

素直においしいから買いに行くんですけどね。

こないだあった話。
「ケーキがおいしい。こんどは食べたいな」といっておいたら、
「次持ってきます」と彼は言った。

が、次回行ったらケーキがない。「残念」と軽く言ったのだが、

「作ってる人が休んでしまって、」うん、それなら。
「少ししかなかった」この時点で脳天に手斧入れました。(軽くだ。)


「商売というのは、
 ”あなたのことを覚えていました、あなたとの約束を覚えていました”、
 で成り立つ。そういう適当なことをしちゃダメ」と。

それから、計算するのにヘルパーステーションの電卓を借りるんですよ。
いつも。

それで、これもこの際言いました。

「電卓は商売道具でしょう。
 暗算できないなら、自分で用意するものです。1000円もかかりません。
 お客さんに借りるなんてもってのほか」

って。

一生懸命謝って帰っていかれましたが、これってどう思います?


私はヘルパーステーションの代表にも書き置きました。

「最近、大人になってから視認性LDがわかって、
 世間常識は普通に身につけてるお友達にいわれたことがあります。

 ”障害者は守られていて当たり前だと思ってるところがあって”と。

 それで私はあわてて聞いてみたのだけど、
 私は腰が低くて(わりと)普通らしいです。

 で、考えました。
 こういう常識を周りが遠慮して教えないのも「差別」と思います。

 これからもちゃんと言っていこうと思います」って。


代表、別に怒ってません。私と価値観が似ている人だし。
考えたんじゃないかな。代表もこないだ同じような商売の機微を伝えてたし。
Posted by みやび at 2011年10月19日 21:23
 私は聾の学生に「耳が聞こえないくらいで偉そうにするな」と怒鳴りつけたことがあります。近くの手話ボランティアに「今行ったまま伝えろ」と怒鳴りつけ、ビビリながら伝えたら聾の学生は泣き出しました。しかし、原因は学生にあるです。学生は「私たちを知的障害者と一緒にして欲しくない」と言ったのです。
 肢体不自由特支に勤めていたときも生徒の中には「オレの使っているディ・サービス、知障(彼等は「チショー」と言います。)が一緒でやんなっちゃうんですよね。と言うので「そうだろうな。肢体不自由だからって努力もしないでチショー呼ばわりする奴と一緒のデイサービスなんて、知的障害の人はしたくないよな」と言ったら黙ってしまいました。
 で、こういうのって教員もけっこう悪いのですよ。初任の時の研修会でとある病弱養護を訪問したとき、そこのある先生は「この子たちはただ体が弱いだけなんです」と涙混じりに力説していました。隣の知り合いと「俺たちが、『この子たちは頭が弱いだけなんです』なんて言ったら、免職ものだよな」とひそひそ話をしたものです。
Posted by もずらいと at 2011年10月20日 19:27
みやびさん、どうもです。

|脳天に手斧入れました。(軽くだ。)

うむ〜〜これはやめといた方がいいと思うなあ。
これが許されるのはたぶん「恋人時代」の二人の間でごく短い期間かと・・・

でも他人が聞いて気持ちのいいことと、気持ち良くないことがあるのは伝えてあげた方がいいよね。

|「電卓は商売道具でしょう。
| 暗算できないなら、自分で用意するものです。1000円もかかりません。
| お客さんに借りるなんてもってのほか」

これも伝えてあげたいことですね。
Posted by kingstone at 2011年10月20日 19:28
私、彼と仲がいいですよ。

口の動きを読ませてくれようとするのですが、私はそんなに難しい言葉は読めないので最近は断ってます。両手を握り合って見つめ合ってるロミオとジュリエットのポーズです。

あー、こういうの文章で伝わりにくくてまだるっこしい。


私の社会性というのもたいしたことはありません。
だから気になるのです。聞こえないから周りに気づかいたくても気づかえなかった自分を見ているようで。一生懸命目を見て丁寧に喋ってます。
Posted by みやび at 2011年10月20日 20:16
で、彼は書いてくれるわけですが、3cm角ぐらいの大きい字になります。
でも、生真面目で丁寧な字です。


あー、まだ何か書き落としてるような気がする。
Posted by みやび at 2011年10月20日 20:19
もずらいとさん、どうもです。

|怒鳴りつけたことがあります

人間、怒っていい時(ってか怒るしかない時)ってあると思います。
私もこのブログに教師を怒鳴りつけた話はいくつか書いてますね(笑)

ただね、自閉症の子たちの場合で言うと極めて理不尽に怒られてる場合が多いような。
特性を理解し、状況を見れば全然怒るようなことで無いことが多いなあ、で、理解できるようになると怒るのでなく、わかるように伝えられるようになるなあ、と思います。

怒鳴る話で言うと、あるグループで遊びに行ったことがあります。その中でAさんはもう人の迷惑かえりみない行動をとるので他の人たちは「関わりにならずにひく」状態でしたが、私は怒鳴りつけちゃいました。で、結局私とだけAさんと一番長くその後もつきあい続けました。
Posted by kingstone at 2011年10月20日 20:33
みやびさん、どうもです。

|ロミオとジュリエットのポーズです

|こういうの文章で伝わりにくくてまだるっこしい

あはは、もちろん私に理解できてるわけじゃないですが、なんかいろいろ映像が浮かんできます (^^)


Posted by kingstone at 2011年10月20日 20:35
>ただね、自閉症の子たちの場合で言うと極めて理不尽に怒られてる場合が多いような。

 いや、いいんですよ。「普通」の人間の世界は理不尽なんですから。私は「人というのはいろいろいる」というのを教えるのが教員だと思っていますから。なので「謝りなさい」というのは他の教員がいくらでも言いますから、私は言いません。むしろ「謝ればいい」と誤学習している自閉症児に「謝るな!」と指導しています。今までの成功パターンが崩されるわけです。
 時々思うのは私の「怒る」は「特性を理解し」た上でのもので、現在のTEACCH風はそのあたりをちゃんと理解していないと言うことです。ですから、「理解できるように」はならず、違う誤学習を学びます。
Posted by もずらいと at 2011年10月20日 20:44
どうも、すみません。
たくさん誤解の種を撒いて。

で、本当に伝えたかったこととずれてきているので、もう少しお付き合いください。

聞こえない私は結局統合教育を過ごしました。
その間も、その後の人生も身にしみて思うのは、みんな障害者には怖くてものを言ってくれないということです。「車がついたガラスの箱に入ってる」という形容をどこかで目にしました。つまり、そこにいることを許されているだけで、移動にくっついていってるだけで、参加していない。切磋琢磨もない人生です。

私は彼が好きですよ。
もう一年ぐらいお買い物に行っています。
私の傾向として見てくれを飾ってつるつる喋る男は興味がなく(赤詐欺だと思う)、彼のような野暮天のほうが誠実で好みなのです。

一度BBに会ってくださいね、みやびの好みがわかります。


で、私がいらいらしてたのはそこではなく。
いつもドライバーさんは別な健常者の人がついてきます。が、
なんとなく見ていて思うのですが、本当に運転しかしなくて、視線があさってを泳いでいます。たぶん商道徳のミーティングなんてしたことがないのです。
それがむかむか。


もう一つ、代表は彼と20年来の付き合いというのです。
けっこうぱしっという人です。こないだも、商売の機微として「今日、うちでバザーやってるから、こっちも買ってってや」と言ってました。


が、これも聞く人が聞いたら「それは嫌みじゃないの」という。
別な目撃ヘルパーさんがそういうものだから、
びっくりしました。

したがって、私の上記の説明が嫌みと受け取られても当然かと思いました。


難しいですね。



電卓貸さないのも思いやりだと思う。商売人やろって。パシッと断れば。
一年ぐらい、そう思っていて、言ったあと「よく言ってくださった」と新任事務員さん(私はとても仲良しになりました。聖書の話とかいろいろ話します)が、私に、そう言いました。言えなかったんだろうなあ。

ということは、私も結構きやすく打ち解けてるつもりでわがままを見逃されているのかもしれない。そういう不安がひしひしとします。


私はいつも後ろから短ドスをさしつけてるようなギリギリの世界観を持っています。
これは私が自分を厳しく観察して無礼はないかと見張る「客観の目」です。
絶対弱者といわれるのが何よりこわい。
いっつもギリギリでいやです、ちょっと休みたい。


どうもすみませんでした。
Posted by みやび at 2011年10月20日 21:51
|一度BBに会ってくださいね

チャンスがあれば。
最近は私も出歩くようになったので。

|それは嫌みじゃないの

ほへっ?
私はみやびさんの書いて下さったコメントで「嫌み」と思った文は無いけど・・・

|これは私が自分を厳しく観察して無礼はないかと見張る「客観の目」

たぶん誰もがその人なりに必要なものでしょうね。
でもって「あは、やっちゃった。まっ、いっかあ」っていう「目」も必要なんでしょうね。
って、私はそっちが大きすぎるか(笑)
Posted by kingstone at 2011年10月20日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック