私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年07月01日

私のウエストバッグに1998年当時入っていた物

 1998年当時、私のウエストバッグ(ウエストポーチ?)に入っていた物を再現しました。
 写真の上の方に写っているバッグは当時のままです。

 中に入っている物は、まったく同じ物は手に入りませんでした。またここに写っている以外の物も入ってました。

P1010308.JPG

 左側上の方から。これらは学校でタダで貰える物。

紙の束。(B5とかA4とか何枚でも手に入るものを折り曲げて入れていた)
はさみ(学校にある物は切れ味が良かった。市販だと当時800円くらいした物だと思う)
カッター
赤サインペン(ここでは油性だが、当時は水性を使っていた)
赤ボールペン(当時はもっとシンプルなもの)
黒ボールペン(これは同等品)
黒サインペン(同等品)

 右側上の方から。

A6くらいの手帳(色が床と似ててわかりにくいですが。書いて伝える。観察したことをメモする。)
赤ビニールテープ(体育館や、壁に貼って「ここだよ」を伝える)
白ビニールテープ(同上)
セロテープ(伝えたいことを書いた紙類を机や壁など必要な場所に貼る)
ライフの名刺大のカード(その場で絵や字を書いて伝えたり、並べて手順書にしたり)
教室へ行ってねカード(金色の折り紙を名刺大より細長く切ってパウチして使った。教室に「受け」を作っておく。すごくよくわかってくれたが、金色を使ったのは失敗。色紙の中で金色は少なく、また別に買おうと思ったら、他の色より値段が高い・・・)
スケジュールへカード(トランジションカード。これはお子さんによっていろいろ。しかし1998年度はほとんど使うことは無かった。まだ個別スケジュールは用意できていなかった)

 その他、自分で作ったコミュニケーションブック。A6サイズのリフィル式手帳。シンボルや絵や◯や×やいろいろ入っている。こちらから伝えるのが主。しかし自分の表現用カードやブックを持たない子どもの気持ちを聞くのに使うことも。これは再現しようとしましたが、手帳の外側も中の紙も手に入れられませんでした。2000年頃は人にあげるために山ほど持っていたのですが。

 あとデジタルカメラ。

 もちろん「◯×メモ」や「えらぶメモ」などおめめどうのコミュニケーションメモ帳は入ってません。2004年か2005年以降に出たのですから当然です。しかし、上の紙やペンでほぼ同じことはやっていました。だからおめめどうからコミュメモ類が出たときに見ただけで「使える」と判断できたわけです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック