私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年06月20日

麦茶の味 味間一(おめめどう食品部)

 先日おめめどうからお茶各種を送って来たことは「煎茶(新茶)の味 味間一販売」で書きました。

 で、おめめどうとしては「早いとこいろいろ飲んで感想書いてね」ということだと思うのですが、もったいないから封を切るのはひとつずつ飲みきってから、と思っていました。

 しかし「煎茶(新茶)の味 味間一販売」に出てきた客人、おいしかったのでしょう。おすそ分けようの煎茶を用意していたのに、各種あるお茶を見て

「この麦茶も頂戴」

ってことで麦茶も半分持って行かれました。で、封を切ってしまったので、仕方がないので私の家でも飲んでみました。

 これも飲んでみてびっくり。口の中に麦のこげた香りと味が広がります。しかし「こげ」と行っても全然嫌味とか突き刺す刺激的な感じでは無い。味がある、という感じ。ひとことで言えば「おいしい」

 で、うちで普段飲んでるのはどうだったっけ?と翌日普段のを飲んでみました。近所のスーパーで10gパック30袋入り198円とかの。

 おおおお、味も香りも無い。それまで何も思わず飲んでいたけれど。

 味間一のは500g税抜500円税込525円です

 おおお!値段間違えていた!!
 訂正しました!


 ってことは1.6倍の値段。この値段やったら普段づかいにもできます!!

 なお、味間一の麦茶は粒がそのまま入っているので、基本はヤカンにいれて煮て、あとでふきんなど(茶こしでもいい?)漉す必要があります。私の家ではたまたまあった紙パックに入れて煮ました。
posted by kingstone at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック