私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年06月02日

ある大学のボランティア支援室

 今日も、ちょうど通りすがりにあった大学の中に入ってみました。

 ここの大学の学生は昔自閉症児託児活動「れもん」をやってた時に結構たくさん来てくれてました。

 活動する時にハイヒールに毛皮のおねえちゃんも来てくれたことがあってびっくりしたけど、いやあ託児活動はきちんとやってくれました。で、そのお姉ちゃんが気づいたことをいっぱい私に伝えてくれたりね。

 当時は学生課に行ってお願いしたのだけど、今日行ってみたら「ボランティア支援室」ってのができてました。最近、3つ大学に行ったけど、どこも専門の部屋・部署を持ってますね。時代は変わってる。

 たくさん特別支援学級からのボランティア希望のポスター(A4用紙1枚)が貼ってありました。

 この大学の場合は、社会福祉協議会とかNPOとかからの依頼(そしてもちろん学校はありなのでしょう。教育委員会から一括かな?)を受けて依頼を掲示するそうです。個人からの依頼は受けていないとか。ってことは地域の社会福祉協議会を通じるようにするか、何か団体を作ってしまえばいいんだな。

 まあ、何とでもやりようがあるなあ、と思えました。

 そういや、大昔はもちろんポスターとか持って行って学生課の人にプレゼンはしたけど、特にNPOである必要も社会福祉協議会を通してもなかったけど、全然OKだったな。ある意味制度がしっかりしてきてルートが確立したことはいいけど、不自由になった面もあるかもしれない。で、もって掲示板に貼ってあったA4のポスター、あまり魅力的なのが無かったなあ・・・心をつかむ、というか・・・たぶん私の時は「あっ、面白そう」と思ってもらえるように腐心したつもりはあるなあ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック