私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年05月06日

Apple - iPad: Year Oneの動画に自閉症児が出てくる

 AppleのiPad宣伝用の動画に自閉症児が出てきます。英語版はブログに貼れますが、日本語字幕版はどうやったら貼れるのかわからないのでurlだけ。

Apple - iPad: Year One 日本語字幕版

 19秒のところに出てくるお子さんもちょっと匂うかなあ、ですけど4分すぎからいっぱい出てきます。

 なかなかいい動画です。他の人にもお見せしたいけど、オタクとしてのこだわりのツッコミを入れておきます。

4分あたり
Haward Shane ,Phd「自閉症の子どもたちのコミュニケーションを補助する時は複雑なプロセスが必要です」

 そやろか??めっちゃ単純やと思うねんけど。要するに「得になることをする」ってことだし、使う手立ては確かに「音声言語以外」が多いから「音声言語を使うことしか頭にない人」にとっては「なんでそんな面倒な」と思いはるかもしれへんけど、これもまた「複雑」っちゅうことでは無い。

「私たちは治療しているのではなく、自閉症を持つ人の能力を高めるツールを提供しているのです」

 前半は大賛成。後半は「能力を高める」ってのがちょっと違和感かな。能力はそのままのような気がするから。今ある能力でどう表現できるか、どう「わかってできるか」のツールを提供しているのじゃないか。

「iPadで、コミュニケーション力、学習能力を高めるチャンスが広がります」

 ここも「高める」ってのに違和感。

 その後のレオ君とお母さんの映像、いいなあ。

「一人で何かをしたり、自分で決めるのがレオには難しいのです」

 そういう場面、あると思います。

「でもiPadがあると、楽しく一人で遊べます」

 そこんとこ大事ですね。もちろんiPad以外でも遊べるものはあるんだろうけど、興味を持って取り組めるものがいろいろ出てくるのは事実だと思います。

「今まではできなかったんです」

 そんなことはないやろうと思いますが・・・

「うちの子もこんなことができるんだ、って。私がいなくても大丈夫」

 これはめっちゃ大事な点。

「私がずっとついていなくても大丈夫な子になって欲しいですから」

 ほんまね。

 私の希望としては「ひとりで遊ぶ」の部分だけでなく「他人に表現する」の部分の動画も入れて欲しかったかな。


 もちろんiPadは素晴らしいアイテムです。で、あったらいいな、という物です。しかし、手元に無い場合だってあるし、電気だって切れることはあるし・・・壊れることだって・・・で、もっともっとシンプルで安い物でもあれこれできるんだよ、ってのはみなさんに知っておいて頂きたいところ。

Apple - iPad: Year One 英語版




この記事へのコメント
>自閉症の子どもたちのコミュニケーションを補助する時は複雑なプロセスが必要です

 私は「めっちゃ単純」ではないと思いますが。少なくとも米国では。たとえば「「何か飲みたい」と要求したら日本だったらウーロン茶なりのペットボトルが出てきて終わりでしょうが、米国なら「銘柄は?それは低カロリー?低糖?欲しい容量は?氷は必要?マドラーは?ストローは?」となるでしょうから、それにいちいち答えるシンボル取り出すだけで大変です。PCSが日本に紹介されたとき、飲み物がまぁ細かい銘柄と種類に分けられているのを見て「日本人とは異質だな」と思ったことがあります。でも「選択の文化」ですからね。

Posted by もずらいと at 2011年05月06日 22:06
もずらいとさん、どうもです。

|「選択の文化」ですからね

これは確かなところだと思います。あと

|飲み物がまぁ細かい銘柄と種類に分けられているのを見て

については、その文化その文化で細かい部分が違うんでしょうね。確かイヌイットでは肉の状態を表す言葉が20もあるとか。日本人が細かくこだわる言葉って何だろう?コメの銘柄?
Posted by kingstone at 2011年05月06日 22:20
>日本人が細かくこだわる言葉って何だろう?

 「こだわる言葉」は知りませんが、多品種あるのに「これじゃなきゃ」というのは「カップ麺」でしょうね。うんちくの部類は別としてビールの銘柄や酒の銘柄もそうでしょうね。あと「タバコ」の銘柄。私は7年前にタバコをやめるまでは「セブンスター・カスタムライト」以外は吸いませんでした。
 AKB48で誰が好きかというのも選択肢多いですね。ウルトラマンや仮面ライダーも歴代通算だとかなり多い。いろいろありそうですね。

 ただ、これらは「定番」が決まっているでしょうから、一度分かれば事実上ひとつしかないものといえます。

 米国の「選択の文化」は「選択を強要する文化」でもありますからね。「どちらでもいいです」という答えは「ダメ」なんですから。
Posted by もずらいと at 2011年05月06日 22:31
|AKB48で誰が好きかというのも選択肢多いですね。

これは、もう何が何だかわかりません。まあぜんぶ込みで「ほほおお」と見てますが。
Posted by kingstone at 2011年05月06日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック