私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年05月02日

阪急電車 中谷美紀 戸田恵梨香 主演



阪急電車 〜片道15分の奇跡〜 

高瀬 翔子 - 中谷美紀(寝取られた女性)
森岡 ミサ - 戸田恵梨香(兵庫県出身)
伊藤 康江 - 南果歩(兵庫県出身)
権田原 美帆 - 谷村美月(大阪府出身・野草オタク役・関西学院大学学生役)
門田 悦子 - 有村架純(兵庫県出身)
萩原 亜美 - 芦田愛菜(兵庫県出身)
小坂 圭一 - 勝地涼(軍事オタク役・関西学院大学学生役)
カツヤ - 小柳友
マユミ - 相武紗季(友情出演)(兵庫県出身)
羽田 健介 - 鈴木亮平(友情出演)(兵庫県出身)
披露宴の会場係 - 大杉漣(特別出演)
小峰 比奈子 - 安めぐみ
小林駅の駅員 - 菊池均也
門田 悦子の友達 - 黒川芽以
門田 悦子の友達 - 森田涼花(京都府出身)
樋口 翔子 - 高須瑠香(大阪府出身)
健吾 - 高橋努
遠山 竜太 - 玉山鉄二(京都府出身)
萩原 時江 - 宮本信子(上品であるが根性の座ったおばあさん)

 6分の入り。最近の映画ではすごい。

 いやあ、「あるある」というエピソード満載。そのままではないにしても私が見、聞きしたエピソードが出てるなあ、という感じです。(中谷美紀のエピソードにしても!)

 軍事オタクと野草オタクの恋のエピソードはオタクに夢を与えるかも。

 で、つきあい出してから、阪急電車でしゃべっている時に

野草オタク「(軍オタがえらく野草に詳しくなっていたので)野草オタクになったの?」
軍事オタク「いや・・・権田原(野草オタクの名前)オタクや・・・」

ってとこが出てきます。そやなあ・・・特別教育担当教師ってもんはすべからく「その子オタク」になった方がいいよなあ、なんて思いながら見ていました。

 関西学院大学がえらくおいしい位置で出てきてました。

 また宮本信子が最初誰だかわからなかった。おばあさんになりはったなあ・・・
 で、宮本信子のイントネーションは、う〜〜ん、関西でこういうしゃべり方するかなあ、と思ったけれども、確かに阪急沿線ではいわゆる関西弁とはちょっと違ったしゃべり方をする地域があるので、いるかもしれないなあ、と思いました。

 中谷美紀さんには「野風!」と声をかけたい気分でしたね。

 最近、どんな映画を見ても、って感じなんですが、この映画にも随分泣かされました。

 しかし・・・どっかが「阪神電車」という映画を作ったらいいのに・・・また随分趣の違った映画になるはず。

 そうそう。映画の中で電車の中でうるさくしゃべっているおばさんが批判的に描写されていましたけど、私、これは別にいいんじゃないかなあ、と思うんですけどね。(まあバッグを投げて離れた席を確保してはいかんだろうが・・・)



posted by kingstone at 16:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>特別教育担当教師ってもんはすべからく「その子オタク」になった方がいいよなあ

 「須く」は漢文の再読語で「須く〜べし」となって「当然こうなるべきである」という強意の表現で使います。なので「なった方がいいよなあ」では、弱いです。「なるべきです」でないと。
 また、世間で勘違いされて誤用されている「全て」の高級表現ではありません。

 「学生たるもの、須く寝食を忘れても勉学に励むべし」なんてのが正しい使い方です。
Posted by もずらいと at 2011年05月02日 18:50
もずらいとさん、どうもです。

|「須く」は漢文の再読語で「須く〜べし」となって「当然こうなるべきである」という強意の表現で使います。なので「なった方がいいよなあ」では、弱いです。「なるべきです」でないと。

確か、前もまったく同じ点のツッコミをもらったよね。漫才の型というか古典落語の域に近づいてるか・・・
Posted by kingstone at 2011年05月02日 18:53
>漫才の型というか古典落語の域に近づいてるか・・・

 私もコメント書いてて「あれっ?前にも書いたよーな」とは思っていました。

 軍事オタク系の一部は野草オタクでもありますよ。サバイバルで食用になる草の知識が必要ですし、食べないためと同時に、相手を殺す武器としての毒草の知識も必要ですから。毒草の毒の部分をナイフに付けて相手と対峙すれば、かすり傷でも相手は死ぬわけですから。
Posted by もずらいと at 2011年05月02日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック