私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年04月03日

自粛不況という言葉が出てきているが

 自粛不況という言葉が出てきているそうな。

 今回の東日本大震災で、被災とは関係ない地域(例えば関西)でのイベントが自粛で無くなる、いろいろな消費が落ちる、供給もしぼる、と言う事で不況になっていくというわけです。

 しかしなあ、もちろん救助が第一の時期は他の力は削いでも、もう何が何でも救助に集中し、それにイベントを楽しむ気分でもないだろうし、自粛もあっていいかなと思います。しかしもう3週間たちました。それぞれの場所で商売やイベントをやらないと寄付とか被災地への支援も送れなくなるのじゃないだろうか。他の地域も沈み込んだら共倒れになってしまいます。

 で、消費を上げるには「楽しい気分」も必要だし、実際多くの人が求めてるし。

 もちろん「被災地のこと、被災地にいる人」を忘れない、ということは大事なことです。避難所から(元のところには戻れなくても)新しい生活への道筋をつけるのは大事だろうし。

 私の大好きなラグビーで言えば、ウィングだと、フォワードがボールを持って突っ込んで行きタックルされてっていてもそこに突っ込んで行くのではなく、自分のポジションを考えながらじっと待つ必要がある時がある(ほとんどがそう)わけです。ボールが奪い合われている「現場」に突っ込みたい気持ちはやまやまなのですが・・・もちろん意識はボールのある場所にある。

 自分のポジション(地域)を守るわけですね。

 あの小さなグランドの単純なゲームでさえそう。ましてやこれだけ広く(世界に比べれば狭いけど)複雑な社会では、それぞれの場でおおいに楽しみつつ儲けて、得た利益の一部を支援に回す、ということをしないと本当にたいへんになるだろうなあ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック