私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月29日

貧乏人の逆襲 松本哉著

 図書館で借りて来ました。



 リサイクルショップをしながらいろいろなイベントをやったりしている方。貧乏生活をするための様々な知恵を書いてはるんですが、「いや、ちょっとそれはできんやろ」みたいなのも多いです。でも参考になることも。

「メディアを勝手に作ろう」ってのはなかなかいいかな。

・新聞雑誌を勝手に創刊
 一般的なことじゃ勝負にならないから、徹底的に自分の研究しているというかオタクなことでってことだと思います。
 著者の作る小冊子は知り合いの店に置いたり、路上で勝手にブースを出したりして1000〜2000部売れるとか。1冊200円で売って、20万円〜40万円の売上か・・・

・ビラ・チラシ・フライヤー
 地域限定だとインパクトがある。フライヤーって知らないな、と思ってWikipediaを調べたら、なんだビラ・チラシ・フライヤーって全部同じものなんだ。フライヤーは飛行機で撒いたからみたいで、デザイナーさんが使うことが多いって。

・印刷は安くできる
 青少年センターだとかボランティアセンターだとか。

・YouTubeへの動画アップ。

・インターネットラジオ
 そういうのもあるのか。で、ここには書かれてないけど、今なら映像でUSTREAMを使う手があるな。

 「下手な事務所やフリースペースだとすぐつぶれる、やはりショップ。」

 なるほど。あと商店街だとか町起こしだとか町内会だとか祭りだとかの利用。コミュニティ作りやな。こんなのやってはるんや。

素人の乱

 ドキュメンタリー映画もあるんだとか。




posted by kingstone at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック