私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月10日

「発達障害者支援考える」神戸新聞の門眞一郎先生の講演記事

発達障害者支援考える NPO法人が神戸で講座」神戸新聞の(Web版のみ?→今朝の朝刊17面に出てました)記事。

 先日神戸で開かれた門眞一郎先生の講演のことを記事にしたもの。私の書いたエントリは「門眞一郎先生の講演で紹介されたもの

 記事を引用すると

「視覚に直接訴えるよう、写真や文字を使った方が意思疎通を図りやすい。門さんは「理解できるように伝えられるかどうかは、伝える側の責任でもある。時間はかかるが、根気よく取り組んで」と話す。

 役立つ道具 ツールとして紹介されたのが、自閉症児を支援する篠山市の会社「おめめどう」が制作している「○×メモ帳」。さまざまな場面で、していいこと悪いことを具体的に書き込めるようになっている。例えばピアノの発表会では「静かに聴く」「会場に入るときは歩く」などを○、「大声を出す」「勝手に外に出る」などを×の欄に列記することで、約束事が頭に入りやすくなるという。」

 まあ、この記事だけを読んで「やったぜ。これで指示に従わせることができる」と考えて飛びつかれると困る、ということは私のエントリでもいつも書いてることですが、「わかるように伝える」のが大事でそれに「◯×メモ帳」とかがたいへん役に立つというのは事実ですね。

「不登校の悩み 学校は話し言葉によるコミュニケーションを前提に、皆が集団生活をするため、そうした行動が苦手な自閉症傾向の子どもには苦痛を伴う。またからかいの対象になることもあり、不登校に悩む保護者も少なくない。

 「学校に行くのは目的ではなく手段の一つ」と割り切って考えることも大切。門さんは「無理矢理行かせるのはやめてほしい。高校は選択肢が広がるし、大学はもっと広がる。人生全体では学校で過ごす時間はわずか。必要以上に深刻に悩まないでほしい」と助言した。」

 大事な視点やと思います。


この記事へのコメント
> 「学校に行くのは目的ではなく手段の一つ」と割り切って考えることも大切。門さんは「無理矢理行かせるのはやめてほしい。高校は選択肢が広がるし、大学はもっと広がる。人生全体では学校で過ごす時間はわずか。必要以上に深刻に悩まないでほしい」と助言した。」

 これは一概に言えませんね。後から「なんで殴りつけてでも学校に行かせてくれなかったんだ」という例は多く出現するはずです。学校というのは「同時代」が至極重要です。

 私はこういう例えをよくします。「『親が殴るから私はグレた』という人間もいれば『親があのとき殴ってくれれば私はグレなかったのに』という人間もいる。両面を考えない助言などなんの意味もない」。門さんの助言はその意味で間違っています。
Posted by もずらいと at 2011年03月10日 21:35
もずらいとさん、どうもです。

なんつーか、門先生は「わかって言ってはる」のだと思いますよ。

まあ、受け取る人がどう受け取るか、ってのはいつも問題になる点だとは思いますが。
Posted by kingstone at 2011年03月10日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック