私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月10日

学校からの情報発信の話題

 今朝「離任式・始業式・担任発表」を書いたら、Twitterでいろいろ話があったので、少しまとめておきます。大きくは「学校が公開すべき情報」という話になるかも。

 まず担任ですが、私の知る限りの学校では4月1日の職員会議の最初に発表がありました。これは新規着任者を含めてです。他の地域の教師に聞いても同じ。ただほんの少しの地域では3月中に発表があり、新年度準備をする、というところもありましたが、これはごく少数じゃないかな。

 つまりその段階では教師は全員知っている。(職員の中には知らない人もいる)

 そのさい、Wordか一太郎でプリントは作られている(ことが多い。私ならOpenOfficeか「プレーンテキストで罫線なし」で作りますけど。

 新規開校、という場合でなければ、前年度からいる先生の顔の画像ファイルはある。

 これだけの材料があれば、4月1日午後、あるいは夕刻、まあ新着任の先生の画像を撮る必要があれば、翌4月2日に、学校ホームページに◯年◯組担任だれそれ、というのを公開するのは簡単なことでしょう。今は、携帯電話でもホームページを見ることのできる時代です。パソコンも携帯電話も無いご家庭がある、というなら別に対応を考えてもいい。学校の壁にプリントを貼り出すのでもいいだろうし。

 具体的に考えると、1学年4クラス、特別支援学級2クラスの学校で考えると、校長・教頭・担任・養護教諭(保健室の先生)、最近は様々なサポートの教師もいるみたいだから、30人分か、他の職員を入れても40人分。新着任は多く見積もって1/3としても13人。写真は4月1〜2日じゃ苦しいかな。じゃあ新着任の人の写真抜きでとりあえずはアップ。5日くらいまでにアップということで許してもらう。「No image」って画像枠を作っておきゃいいんだし。

 ホームページのデータを更新することについては、私の現役時代もめちゃめちゃスキルのある人が学校に1人はいました。(私はその中に入らない)また、各学年、特別支援学級はそれぞれの学年と特別支援学級の先生がHTMLというか何かの作成ソフトを使ってページを作ることを義務づけられていました。つまり学年に一人はそんなことができる先生がいたわけです。公開(FTP)の作業はそのめちゃめちゃスキルのある先生がやってくれていたけど。

 で、今だと、それらのスキルのある先生が増えているはず。

 特別支援学校だと教師が100人200人規模になることがあるから、ちょっとたいへんだけど、画像を勘弁してもらってテキストだけならめっちゃ簡単なことは同じ。

 テキストの流しこみだけなら5分かからないですよね。

 もちろん、各会社の異動で、4月に入ってから児童・生徒の増減があって変更の可能性がある、と注釈が必要な場合がありますが、それは説明できることだから問題無し。



 それから「学校が公開すべき情報」ですが、上の担任発表の話ともからみますが、「教師が誰なのか」が全然わからない。高校まで見ても公開しているところが私の見た範囲ではないですね。学校によっては校長先生が誰かはわかる。学校長挨拶、のページがある場合は多いから。でも、その他の先生は全然わからない。大学だと公開がごく普通ですけど。

 これって出すべき情報じゃないかな。


 あと、特別支援学級に関するホームページデータですが、「子どもの個人情報」は出しちゃいけないけど、「どんなふうなテーマでどんな教材・支援を使ってどんな授業をした」は情報発信していいと思うのだけど、あんまりないですねえ。まあ特別支援教育に関してなら、見る人が見れば「どんなお子さんかな」というのは想像ついたりはしますが。(適切な授業がされておれば、ですけど)なんか「◯月◯日、餅つきをして、みんな楽しみました」だけで終わるのが多いような気がして・・・いや、もちろんその文があっていいんだけど、じゃあどうやったのか、とか、どうねらったのか、ってね。あと普段の授業の情報ね。

 ただし、これは私も現役時代、できなかったことです。そこまで頭が回らなかった。


 あとTwitterでは名刺の話も出ました。教師、名刺持ってない人が多いんですよね。私も(現役だったのは大昔ですが)学校の仕事では持ってませんでした。これも持ってて渡してくれれば助かることが多いような気がします。

 肩書きは「◯◯学校教諭」とかでいいだろうし。
 連絡先電話番号は学校の電話番号で、メールアドレスは教育委員会から付与された仕事用アドレスでいいだろうし。

 ちなみに、私の現役時代はある地域では、教頭・校長は嫌でもアドレスを付与されました。平は「個人が望めば」でしたけど、今はもう全員強制的に付与されるんじゃないかなあ。そういう時代だと思うのですが。(ただし、私も現役時代は申請をしなかったかもしれない。余計な仕事だけ増えてやりたいこと(教材作りなど)の時間を削られるのは嫌でしたから。なんか学校ホームページ作れ、とか、地域のホームページ作れ、とか「余計」と思われる仕事ばかり背負わせよう、という感じはひしひし感じましたから)

 私も学校以外の場用(特殊教育学会とかATACだとか)には名刺を作ってました。

 肩書きは「FEDHN(障害児教育フォーラム)会員」
 名前は「kingstone」

でしたけど。今私が作るとしたら肩書きは「無職」か・・・ある方は「オタク」でいいのでは、ということを言って下さいました。うむ、それは事実なのですが、そう書いた時に「あっち方面」とか「そっち方面」とかのオタクと思われると問題かなあ・・・

この記事へのコメント
 勤務する県は,私は養護学校・特別支援学校の経験しかありませんが,3月末に次年度の担任が発表されるようになりましたね。勤め始めた頃は4月1日発表でした。

>4月1日午後、あるいは夕刻、まあ新着任の先生の画像を撮る必要があれば、翌4月2日に、学校ホームページに◯年◯組担任だれそれ、というのを公開するのは簡単なことでしょう。

 これは簡単ですが,私は反対します。始業式以前に保護者が知ると,いろいろな一悶着が容易に想像されるからです。kingstoneさんが教員だった頃の保護者とは,大きく異なった保護者が出現しているのが現実です。

>じゃあ新着任の人の写真抜きでとりあえずはアップ

 公務員だからといって「画像」が必要な理由は理解できません。私個人は一向にかまわない人ですが,システムとしてのそれは間違っています。他の行政機関は顔写真付きで担当をアップしていますか?ってことです。民間だってそうですよね。営業やスーパーの責任者以外は。学校はその手の業種とは異なります。

>その他の先生は全然わからない。大学だと公開がごく普通ですけど。
>
> これって出すべき情報じゃないかな。

 大学の教官は「研究者」が本質なので「公開が前提」ですから一緒にするのは無理があります。

>「どんなふうなテーマでどんな教材・支援を使ってどんな授業をした」は情報発信していいと思うのだけど、あんまりないですねえ。

 あっ,これ,無理です。教員以上に保護者の反対が多いです。個人を特定されるという感覚が強いからです。

>教師、名刺持ってない人が多いんですよね。私も(現役だったのは大昔ですが)学校の仕事では持ってませんでした。これも持ってて渡してくれれば助かることが多いような気がします。

 進路指導主事やコーディネーターは持っています。高等部だと進路開拓で必要なので作ってくれたり,氏名の箇所だけ空欄でゴム印押してという名刺も用意されています。名刺というのは対外的な折衝が多く必要でなければ持っていなくて当たり前です。たとえば作家なんて持っていないのが普通です。もちろん,コンピュータが普及した世の中なので,昔と違って100枚単位でないとということはなくなったので,10枚程度の名刺は持っていてもいいかとは思いますけどね。実際前任校では,職員用の名刺フォーマットを作成して,名刺に転用できる厚紙で名刺を刷って渡していました。名刺を作る際の一番のハードルはこの用紙の確保です。なかなかないものです。私は紙問屋からもらった厚紙を使っていました。

>今私が作るとしたら肩書きは「無職」か・・・ある方は「オタク」でいいのでは、ということを言って下さいました。うむ、それは事実なのですが、そう書いた時に「あっち方面」とか「そっち方面」とかのオタクと思われると問題かなあ・・・

 高島俊男さんのエッセイで友人が肩書きのない名刺を相手に渡したら相手がざわめいたという話がありました。つまり「肩書きがない」というのは「肩書きが必要ない」=「そのくらい全国民レベルで知られている大人物」ということになります。たとえば今生天皇や皇太子は名刺を持っていたとしても肩書きなど付けないでしょう。
 現状のkingsyoneさんの肩書きは「kingstone」だと思いますけどね。




Posted by もずらいと at 2011年03月10日 21:15
もずらいとさん、いつもながら貴重な情報、ありがとうございます。

|始業式以前に保護者が知ると,いろいろな一悶着が容易に想像される

これはねえ・・・4月1日であろうと、4月7日(?地域によって違うかな)同じことだと思うのですよねえ。そこんとこは教育委員会・管理職・教師一丸となってゆるがない態度を見せて欲しいのですが。

|現状のkingsyoneさんの肩書きは「kingstone」だと思いますけどね。

ありがとうございます。

Posted by kingstone at 2011年03月10日 22:35
>これはねえ・・・4月1日であろうと、4月7日(?地域によって違うかな)同じことだと思うのですよねえ。

 いえ,違います。「始業式の前ならねじ込めばなんとかなる」という期待を持たせてしまいます。
Posted by もずらいと at 2011年03月11日 05:51
だからそこは「ゆるがない態度」ってやつで。

しかし「ねじこむ」理由って何だろな・・・。「ゆるがず」において、しかし耳を傾けておくことは大事ですね。
Posted by kingstone at 2011年03月11日 06:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック