私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月10日

(たぶん)高機能自閉症とアスペルガー症候群の違いなど

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。

 ボランティアの◯◯です。
 最近は参加できずにいますが(^^;)

 4月から重心病棟の保育士として勤務しています。
 (正直、すざましい状況です。)

 今度、自閉症についての勉強会を開くのですが、まだまだ勉強不足なので、資料作成にてこずってます。どなたか、できましたらわかり易く、『高機能障害とアスペルガー症候群についての違い』について、教えてもらえませんか。

 あと、自傷行為について、改善された具体例などありましたら、教えてほしのですが。
*自分の体に傷をつくって、流れる血を人に見せる。
*自分の手を他児に無理に噛ませる。。などがあるのですが。

 また、マカトン手話について。
 これを学びたいのですが、本とかあるのでしょうか?

宜しくお願いしますっ(^^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ◯◯さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 4月から重心病棟の保育士として勤務しています。
> (正直、すざましい状況です。)

 昔、あるところを見に行ったことがあります。
 そこもすさまじかった・・・・

> 『高機能障害とアスペルガー症候群についての違い』について、

 「高機能自閉症」ですか?それとも「高機能障害」ってのがあるのかな?

 それが「高機能自閉症」とだったら、少なくとも療育やケアの上においては区別する意味なし、というのが私の耳学問での結論だったりします。

 ま、実際その違いを勉強するより、トニー・アトウッドさんの「ガイドブックアスペルガー症候群」を読んでみるとかした方がいいと思うよ。



> あと、自傷行為について、
> 改善された具体例などありましたら、教えてほしのですが。

 私の場合はあんまし強烈な例は知らない・・・
 でも、やはりコミュニケーションの改善、わかってできることが増えること、などなどで消えていった例があるような。

> マカトン手話について。
> これを学びたいのですが、本とかあるのでしょうか?

 マカトン法ですね。

 これについては講習を受けた経験者だけに売る、という方法をとってはります。下記のところに連絡すると初級者講習の日と場所とかを教えてくれはると思います。

 旭出学園教育研究所
 03-3992-4422

 上記のところは東京ですが、京都でも講習会やってます。
 もちろん手近に講習を受けた人がいれば教えてもらうのもいいかも。私も初級者講習受けてますけど、もうだいぶ忘れてる。以前ボランティアさんに教えた時も「こうや」って教えたらテキストを見ていたボランティアさんが「ちゃいまっせ」って教えてくれたもんなあ。 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック