私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月26日

新年度準備

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 学校のいろんな部署の新年度計画をいっぱい作らないといけない・・

 また部屋の片づけ・・・・とにかく何年ものたまりにたまって使えない「ゴミ」を処分しなけりゃなんない・・・昨年も4月に異動してきてからひーひー言いながらやったのだけど、それでもわけのわからんまま新学期に突入してしまった。1年たって「これはいらん」というものもだいぶわかってきたし、とにかく捨てまくるつもりです。

(本当は1年1年、担当者がしっかり捨てておいて欲しい・・・ぽんと捨てるわけにはいかないシュレッダーにかけなきゃいけないもんが多すぎる)

 しかし・・・春休みに入って、目一杯働いてるなあ・・・ちょっとオーバーヒート気味です。ふーーー

 バーベキューのボランティアさんおさそいの電話もまだできてないなあ・・・

 でも、昨年よりは少しは見通しが立つから楽かな。

追記
 これは誰がやって来ても、以前の教師の残していった物のうち、「役に立たない無駄なゴミが多い」と思うのは仕方ないことなのだろうか??

「シュレッダーにかけないといけないもの」というのはたぶん膨大な記録。しかし「お店やさんごっこをやった。少し嫌がるとこともあったが楽しんでいた。」みたいな、まあ何と言うか・・・役に立たない記録の束でした。「具体的にどんなことをやったのか」「どこをどう嫌がったのか」「どこをどう楽しんだのか」もちろんいつも詳しく書いてある必要は無いのだけど、それでもなあ、という感じの記録でした。

 あと「参考になると思ってとっておいた本」(全然参考にならない)「使えると思ってとっておいた教材や素材」私も「教材・素材」は貯めこむほうだけど、「これは使えんやろ」みたいなものが多かったな。

 私が「肢体不自由特別支援学校の情報処理担当者になった時」「特別支援学級に赴任した時(複数回)」は、とにかくゴミ捨てにものすごいエネルギーを割かされました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック