私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月22日

Mac OS X 10.6.4 の障害対応機能(ユーザー補助みたいなもん)

 iMac のアクセシビリティ機能(いろいろな障害のある人にどれだけ使いやすくできるか、の機能)を試してみました。Windowsで言うところの「ユーザー補助」というやつです。

 これはMac OS X 10.6.4 で共通と考えられます。

 画面の下にアプリケーション等のアイコンが並んでいます。その中に四角い枠の中にギアの絵を描いた「システム環境設定」のアイコンがあります。これをクリック。

 開いたウィンドウの中、一番下の行に「「ユニバーサルアクセス」という青い◯の中に人が腕を開いて立っている絵のアイコンがあります。これをクリック。

 ここで様々な支援方法を決めるウィンドウになります。最初は「視覚」のタブになっていました。

視覚

・VoiceOver
 音声読み上げソフト。ホームページやテキストを読み上げてくれる。
 最初は「切」になっている。「入」にするといきなり開いていたテキストを読み上げ始めたが、英語とかアルファベットのみを読み上げていく。探してみたけれど、日本語を読み上げてくれるにはどうしたらいいかはまだわからない。またネットで調べてみます。
 声の最初はAlexさんという男性の声。
 「ユーティリティを開く」というボタンをクリックし、開いたウィンドウの「スピーチ」というところで声の主を選べます。Princessさんがかわいいけど、太目の声のAgnesさんくらいが難聴の私には効きやすいかな。で、この選べる声の主も「米語国民」と「効果音」ばかりみたいです。

・ズーム機能。
 キーボードショートカットでできるらしいが、その絵がどのキーを指しているのかが私にはわからない。(ズームはCtrl+マウスホイールでもできます)

・表示。
「白地に黒」か「黒地に白」か選べます。私は白地に黒(つまりもともと)がいいのですが、「黒字に白」の方が見やすい方はいらっしゃるようです。シンボルのPICはそうなっていますね。おっと続けて書いたこの部分は間違い。最初のページに他のシンボルの説明が続いていたから勘違いした。→「と思って調べたら、現在は白地に黒のものもあるんや。」

聴覚

・警告音が出る時画面を点滅させるようにできる。これは私、難聴だからチェックを入れました。

・ステレオ・オーディオをモノラルにできる。こういうのが「いい」人がおられるのですね。知らなかった。

キーボード

・キーボードのキーの同時押下がむつかしい人のために順次押下できる設定。

・間違ったキー入力や同じキーを押し続けてしまう入力を調整する。

マウス

 ・マウスを使わず、キーボードだけで操作するようにできる。


 これだけの機能は「素のMac」についていました。
posted by kingstone at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック