私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月21日

阿久根市の議員報酬に関する話題

阿久根市議員報酬、月額制復活に市民から不満の声 「新市長は議会に配慮しすぎ」

 竹原前市長は「ちょっと困った壁画を市内各所に描く」など、「そらあかんで」みたいなことをたくさんやってはります。しかし、非常に過激ではあるけれど、まっとうなことも言ってはった。

 でこの記事では議員報酬を日当制(1万円)から月額制(26万円)に、新市長が戻した、という記事です。確か、どこかの町議会でも日当3万円制にしてました。それも町の財政が逼迫したから。この記事なんかかな。

矢祭町、町議の年間報酬120万円に

 日当というのは議会の開催日あたりであるようです。というなら議会はどのくらい開かれているのでしょうか。

(市議会)市議の「年間」の「稼働日数」は僅かに38.8日

 表題には38.8日と書いてますが、中の記事を見ると100日くらい。ってことは100万円か・・・・
 ちょい少ないかな。まあ議員というのは他に職業を持っていてボランティアで、という考え方もあるけど(上記の町議会はそういう考えみたい)

 しかし、どこかで阿久根市住民の平均年収は200万円、という記事も見たことがあります。その中で市役所勤務の公務員は突出して高い。また議員さんは月額26万円ということは年312万円。これにボーナスもつくのかな?ついたら400万円はいくな。とすると住民からは突出していることになるな。また市役所勤務の方は、さらにその上を行く高収入ということになる。確か竹原市長が役所の壁に貼り出した年収が700万円だったか800万円でしたから。

 日当1万円という額は議論してもいいかもしれないかも、ですが、開催日数と勘案した上で、年収としては下げてもいいかも。で、こうなったわけですね。

阿久根市議会も解散 リコール成立


posted by kingstone at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック