私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月18日

小学校の卒業式への自閉症児の参加

 大昔の話です。
 
 特別支援学級にいた頃。


卒業式にて

 ○○さん、こんにちは。
 □□です。

 うちの長男△△も無事卒業しました。

> 「おねえたちは74名でこの位の時間か、BBたちは126名くらいだから
> もっと時間が要るなあ」とか
> 「式次第が子供らが見える所にないなあ」とか
> いらんことばっかり頭の中に浮かんでしまっていました。
 
 私も△△のクラスに自閉症の男の子がいるのでその子の様子ばかり気になって、3年後のAAの卒業式を疑似体験してしまいました。
 
 彼は卒業式の練習をひどく嫌がっていて、自分の席に座ることを拒み、ステージの前に座り込んでいたようなのですが、本番ではほとんど席を離れることもなく、まわりの様子を見て立ったり座ったりもできていました。

 ほとんど絶え間なく声を出していましたが、嫌そうな様子もなく途中一度だけ真ん中に出て行っただけでした。本番は練習とは違い、たくさんの人が所定の位置に座っていたので、自分の座るべき席は自分の席だけしかないと思ったのかな?

 それと彼は母の居る席をじっと見て時々「お母さん、さようなら」と言っていたので、母親に「席から離れたらお母さんは帰るよ」と言われていたのかもしれません。

 先生は彼が大声をあげたり、ズボンが下がりそうになると何か耳もとで言い聞かせていたようでした。視覚的な援助は全くなかったように思います。

 彼が立派に卒業式を務めあげたので、AAの時もたぶん「AA君は言葉で言えばわかります。」って言われるんだろうな。

> おねえに申し訳ない。
> 今日は1年生の頃の写真見て思い出に浸ろうっと。

 うちも大阪の学校で過ごしたのはたった10ヶ月だったので親子共々あんまり感動がなくって。
 でも、卒業式の時の△△の顔はなんか誇らしげでかわいかったです。

 AAは午前中レスパイトしてもらったのですが、午後はできないと断られ、私は謝恩会に出席できなかったのが、すごく残念でした。レスパイトサービスは長野より大阪の方が遅れていると知ってビックリです。←いまだ根に持っている。

 話はそれましたが、△△は4月から中学生、どんな中学生になるのか楽しみです。
 BB君は何年生になるのかな?AAは4年生です。

追記
 私だったらこのお子さんとの卒業式にどう取り組んだだろう。

 全体の式次第が前に貼ってあるのは当然。(これは通常校で一般的なことですよね)あと個人用の式次第を作る。(子スケジュールとかワークシステムとかいう言い方もできますね)

 イスには本人の名前か本人用の(いつも使っている)シンボルをつけるか、いずれにせよ本人に「これは僕のイスだ」とわかるようにする。

 彼は式の中の来賓の音声言語の挨拶とかわかっているんだろうか?1対1でつけるなら絵での翻訳を試みるかもしれない。それができない状況ならあっさりあきらめて「本人の好きな本」とかを持ち込む。

 通常校だと全体向けの絵などでの視覚支援は抵抗があるだろうからな。(でもそれやる手もあるのかなあ。某大学の入学式には「手話通訳」と「字幕スクリーン」があったしな。

 で、練習の時は流れを通し、途中で練習の巻き戻しみたいなのが始まったら(これがまたよくある)即退散するようにするなあ。本番は一筋の流れだからうまくいきやすいから、そこのところの成功体験ができればいいわけだし。練習の時に失敗体験を積む必要は無い。

 あっ、退散と言えば、実際に小学校の卒業式の本番で「しんどくなったら会場を離れ体育館の控え室で休憩できる」というふうに私はしました。本人に表現できるようにしてもらったと思います。で、本人が落ち着いたらまた式場に戻る。これでばっちり落ち着いて参加できました。カームダウンエリア(落ち着ける場所)の利用ですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186481738

この記事へのトラックバック
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png